• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

秋冬に飲みたい「濃厚スイーツドリンク」

2013年10月10日

アップルパイやクッキー、プリンまで“ドリンク”に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 これからどんどん寒くなっていくこの季節、スーパーやコンビニのドリンク売り場をのぞいてみると、驚くものが勢揃いしていることをご存知だろうか。おしるこやモンブラン、焼きいもなど、濃厚味のスイーツが「ドリンク」として並べられているのだ!しかもどうやら、スーパーやコンビニだけでなく、カフェやテーマパークでも、最近「スイーツドリンク」が急増している。今回は「濃厚味スイーツドリンク」のトレンドを探ってみる。

 まずは、キッコーマン飲料の「紀文 豆乳飲料」から。このシリーズは、今春にはラムネ味も登場して話題になったのだが、実はほかにもさまざまなテイストがある。これからの秋冬向けで人気なのは「おしるこ」「マロン」「焼きいも」テイストだ。

豆乳飲料 焼きいも」(90円税別/200ml)は、香ばしい焼きいもと豆乳のミルク感を合わせたホッとする味わい。原料に「焼きいも」を使用し、焼き芋の香ばしい風味が再現されている。
豆乳飲料 マロン」(90円税別/200ml)は、栗を入れた洋菓子モンブランケーキ風味。パッケージに「マロンちゃん」という栗キャラが隠れているので探してみて下さいとのこと。どこかしら?
豆乳飲料 おしるこ」(90円税別/200ml)は、豆乳に小豆あんをブレンドし、すっきりとした甘さに仕上げたおしるこ風味。カップに移し、温めて飲むのもオススメだそう。

 「豆乳業界初の秋冬に特化した、季節限定の豆乳を作ろうと企画し、当時の企画担当者がたまたま熱々の焼きいもと冷えた豆乳を一緒に食べたところ、『これは合う!』と発見したことから『豆乳飲料 焼きいも』が2007年に生まれました」と同社 企画担当の晝河麻里さん。

 「発売当初からご好評いただき、『豆乳飲料 マロン』『豆乳飲料 おしるこ』とシリーズ化しています。これにより、暑さが残る初秋は『マロン』、秋本番は『焼きいも』、寒い冬には『おしるこ』と、季節に沿って豆乳をお楽しみいただけるようになりました」とのこと。

 豆乳の原料である大豆は“畑のお肉”とも呼ばれ、タンパク質、リノール酸やα‐リノレン酸といった必須脂肪酸や、ビフィズス菌などの腸内細胞のエサとなるオリゴ糖も含まれており、人間に必要不可欠な成分が摂れる健康食材。必須脂肪酸は自分で作りだすことができないものなので、豆乳飲料は“スイーツ感覚で飲める栄養ドリンク”でもあるとか。

 次は、北海道の人気菓子「白い恋人」のドリンク! 石屋製菓の「白い恋人チョコレートドリンク」(210円/190ml)は、言わずと知れたあの「白い恋人」のドリンク版。ホワイトチョコの代わりにミルクチョコを使った「白い恋人ブラック」に使用されているミルクチョコレートに、北海道産生乳から作られたミルクと生クリームを加えた、コクのある飲むチョコレートだ。

缶デザインも「白い恋人」のパッケージデザインと同じで、白い恋人好きの人にはたまらない。味はかなり濃厚で、特に女性や外国人のお客様に人気があるそうだ。

 同社広報室の上出侑香さんは、「札幌の『チョコレートファクトリー(現:白い恋人パーク)』のチョコレートラウンジで今も提供しているチョコレートドリンクを『持ち帰りたい』というお客様からの声を多く頂いていました。でも、そのまま持ち帰ると風味が落ちてしまうので、『白い恋人ブラック』のミルクチョコレートを使用し、手軽にお持ち帰りいただけるチョコレートドリンクとして開発しました」と語る。寒い日にぜひ試してみたい!

 続いて紹介するのは、日本ルナの「のみごたえたっぷりのごくごく飲むプリン」(3150円/ギフトセット160g×12本、内プリンは3本)。これは、カップに固形のまま入っているプリンをシェイクして自分好みの食感に崩して飲むプリンだ!振る回数が少ないとプリンの固形分がある程度残ったままで、飲みごたえのある感じになり、振る回数が多いと中身が完全にくずれ、トロッとしたなめらかな食感を楽しむことができるという。自分で調整できるのがいいかも。

のみごたえたっぷりのごくごく飲むプリン」(3150円/ギフトセット160g×12本、内プリンは3本)。秋以降は飲むジュレとセットでギフト商品として販売されている。お子様や女性に特に好評だそう。

 「最近、洋菓子店やコーヒーチェーン店、テーマパークで『飲むスイーツ』が提供されるようになっており、当社でもスイーツとして定番のプリンをもっと手軽に楽しんでもらいたいというコンセプトから、スプーンを使わない、片手で飲めるカップ飲料として企画・開発しました」と同社商品企画開発部の佐藤遼さんは話す。小腹がすいたけれど食事はしにくい夜の会議時などでも活躍しそうだ。

 次ページはアップルパイが! エクレアが!すべてドリンクに!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ