• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

親から自立することで得られる、本当の自分

2013年10月3日

親との関係をより良いものへと清算し、ありのままの自分になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 大人になってからも、親との関係に悩み、過去の記憶に振り回されてしまう人も少なくありません。

 ほかにも、「なぜか分からないけれど生きづらさを感じる」というときも、無意識に、親から言われたことや過去にあった親との関係性に引っ張られてしまっていることも多いんですね。

 子供時代、私たちはさまざまなことを親から教わることによって大人になります。

 他人への振る舞い方や、愛情というのがどんなものなのか、世界とはどんなものなのか、自分という存在がどんなものなのか……など。

 親の言葉や態度を見て、あらゆることを学び大人になるのですが、こうして親から教わることが決して完璧なものばかりではないんですね。

 だからこそ、「どうして愛してくれなかったの?」「どうしてもっと大切に育ててくれなかったの」という心の傷が、本人も自覚しないところで、いつまでも残ってしまうことがあります。

 今回は、親との関係をより良いものへと清算し、ありのままの自分になっていくために必要な3つの心構えと、8つのステップを見ていきましょう。

◆精神的に親離れし、自立するための心構え

1.親へのこだわりが自分の可能性や自立を制限している

 例えば、「親に◎◎を禁止されたから、だから今でもそれを出来ない……」と親の意見を優先し続けていた場合、この先も自分がやりたいことを選択することは、なかなかできません。

 あるいは、「過去、親にあんなことを言われたから……親のせいで私は不幸なんだ」と思っていた場合、自分が今すべきことや、幸せになれる選択を見逃してしまうんですね。

 親との関係性や、親の基準に気持ちをとられていると、自分が本来持っている可能性や自由を、自分で制限してしまいます。

 方法は後述しますが、まずは、無意識に採用してしまっている親からの制限をいったん手放す必要があります。

 そして、まったくゼロの状態から自分自身を創り上げることや、自分がありのままであることを許可してあげましょう。

2.自立するということは、本当に生きたい人生の責任を持つこと

 次に、私たちが大人になっているということは、もう子供時代とは異なり、「一人の社会的な責任を持っている自分」であるということです。

 成人してから、私たちは自分自身が生きたい人生を生きる権利を持っています。

 それは、自分の在り方を自由に決めてよい、ということを意味しているんですね。

 変われないのはあの人のせい、という思考にとららわれている限り、私たちは自分の人生を決められないという場所に自分自身を追いやってしまいます。

 でも本当は、「いつでも自分の人生を自分で築き上げていくことができる」のです。

 親から与えられた価値観や基準について、すべてを無条件に採用するのではなく、あなたが主体的に採用したい価値観や基準を持ち、自分で決めてよいのだということを許可してあげましょう。

3.本当の自分を知るには、価値観や視野を広げることが大切

 もう一つ大切なことは、親の価値観や両親の在り方に影響を受けているとき、私たちは、親の在り方しか見えていないことが多いんですね。

 つまり、親の価値観以外に、他の在り方を知らないからこそ、そこに対して執着してしまったり、反発したり、我慢していい子になろうとしてしまいます。

 こうしたときは、あなた自身が親以外の人と積極的に関わり、視野を広げていくことを許可してあげましょう。

 そしてあなたが、「いいな」と思える人や、尊敬できる在り方があれば、それを積極的に真似をしてみます。

 親の持っていた値観以外にも意識して目を向けることができたとき、「親の在り方だけにこだわらず、本当は自分が人生を自由に選んでいいんだ」と気づくことができるはずです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ