• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スマートフォン120%活用術

Androidのバッテリー浪費を防ぐ方法

2013年10月2日

使わない「お節介機能」をオフにする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 スマホには、便利でも動作が過剰なため、かえってバッテリーを無駄に消費する機能がたくさんある。その代表が「自動回転」「自動同期」「裏で動作するアプリやタスク」そして「使っていない通信機能」の4つだ。このパートでは、これら“お節介”機能の設定を見直して、スマホを快適に利用する方法を紹介しよう(図1)。

図1 スマホの機能は“お節介”で逆に使いにくかったり、バッテリーを無駄に消費するものが多い。ここに挙げた4つはその代表選手だ。これらは、すべてオフにしたほうがよい。

特定のアプリだけ「回転」
自動同期はシーンに応じて

 最初に「自動回転」の設定を見直そう。自動回転を有効にしていると、本体の向きに合わせて画面を横向きや縦向きに回転してくれる。便利だが、少し傾けただけでも画面の向きが変わるため、落ち着かない(図2)。煩わしいならオフにしておこう(図3)。

 なお、動画を見るなら横向き、資料を見るときは縦向きといった具合に、画面の向きをアプリごとに設定することもできる。無料アプリ「Smart Rotator」を使うとよい(図4~図6)。

図2 標準設定では自動回転機能は有効になっている。スマホが少し傾くだけで、勝手に画面が回転して使いにくい。
図3 自動回転は、設定画面で1、2の順に操作すれば、オフにできる。
図4 画面の回転機能を活用して、アプリごとに横向きや縦向き、自動回転などを設定することも可能だ。
図5 起動するとスマホ内のアプリが一覧表示される。標準では全アプリが縦向きに設定されているので、横向きにするアプリは1~3の順に操作する。
●「Smart Rotator」で設定できる各項目
図6 図5では上表の項目を設定できる。「Auto」「Landscape」「Portrait」を使い分けよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ