• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性が活躍する組織づくり講座

女性が活躍する組織作りとは

2013年9月25日

日経WOMANイノベーション&ダイバーシティ研究会「女性が活躍する組織づくり講座」リポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日経WOMANは、長年の知見を集約し、女性の力を活かして企業の成長に結びつけるための組織づくりを支援する講座「女性が活躍する組織づくり講座(全4回)」を開催。9月11日、第1回目として、ダイバーシティの基本理解を深めるための講演が行われた。

「ダイバーシティマネジメントを進めるために会社がすべきこと」

 1人目の講師は、日本女子大学人間社会学部教授で、同現代女性キャリア研究所所長を務める大沢真知子氏。

 「日本では女性労働の問題は、仕事と家庭の両立支援や、保育園の拡充といった観点から語られてきたが、昨今は、女性が持つ人的資源をもっと活用して社会全体を成長に導くという視点に立った議論がされるようになり、大きな転換点に来ている」と語った。

 日本におけるダイバーシティマネジメントのメーンテーマは、やはり女性の活用が挙げられる。重要なのは数ではなく質で、優秀な女性のキャリアが途絶えることなく、実績を積み上げていける組織にすることだ。

 「そのような会社は、女性だけでなく男性にとってもワークライフバランスが取りやすく業績も上がる傾向に。つまり女性が活躍している企業ほど利益が上がり、企業価値を創造することができるということを、トップが明確に意識し、経営層にメッセージを発信しなければならない」という。

 また、女性が仕事を辞めるのは「結婚」や「出産・育児」が主なきっかけと思われているが、「調査によると『他にやりたい仕事があったから』が最も多く、キャリアへの迷いや、活躍の場がないことが理由になっている。若いときにチャンスを与えないと、優秀な人が流出してしまうことになる」と述べた。

 日本は、女性が管理職になるには、長時間労働をいとわないという踏絵を踏まないといけない企業風土が根強くあるとした上で、「社会全体で価値観を変えていく必要がある」と締めくくった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ