• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「トイレのゴミ箱」のナゾ

2013年9月27日

女オンチ~生理について語りたいこと(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 先日、本サイトでこんな記事を読んだ。
 「生理用品の処理、訪問先ではどうする?知人の家や恋人の家では“持ち帰る”派が多数

 「親しい友人の家では使用済み生理用品を持ち帰る人は約4割であるのに対し、知人の家や恋人の家では大多数が持ち帰る」のだそうだ。
 うーむ。これも日本の女性だけが悩んでいそうな問題ではある(ちなみに紙おむつについても、この問題を聞くことは多い)。

 親しい人の家ですら、4割もの人が使用済みの生理用品を持って帰るというのはちょっとびっくりである。
 そのゴミを家まで持って帰るのではなくて、途中のゴミ箱に捨てているだけなような気もするけど、そうでもないのだろうか?

 私の場合は、トイレにゴミ箱がある家ならそれを使って、「生理中なのでゴミ箱を使いました、お手数かけてすみません」ということが多いが、それを言いにくい関係の人もたしかにいる。

 ちなみにトイレのゴミ箱のことだけ、“汚物入れ”と呼ぶことがあるが、とてもいやな言い回しである。
 こういう呼び方が余計に女性を思い詰めさせるのだろう。
 そもそも、使用済みの生理用品だけがことさらに汚物なわけではなく、ゴミはゴミである。
 最近ではサニタリーボックスと呼ぶことも多いけど、単純にトイレのゴミ箱と呼べばいいと思う。

トイレに“汚物入れ”がなかった理由

 生理のゴミについては(ほかでも書いたことがあるが)、こんな思い出がある。
 私が最初に働いた出版社は5階建ての小さな自社ビルで、各階の階段の踊り場に男女兼用の和式トイレが1つずつあった。
 男女兼用の和式トイレだけでも十分憂鬱なのに、驚いたことにトイレの個室にゴミ箱がないのだ。

 その会社では長年女性社員を採用せず、私が20年ぶりの女性の新人だったため、一番若い女性の先輩でも40代半ばであった。
 当時23歳だった私は「まさか女性の先輩たちはみんな閉経しちゃったのか?」と思ったり、「もしかして男性社員に変態がいて、生理のゴミをあさるとか」と訳のわからない妄想すらしてしまっていた。

 とはいえ、自分の次の生理もそろそろである。
 勇気を出して先輩の女性社員に「どうしてトイレにゴミ箱がないんですか?」と聞いてみた。
 すると、答えは拍子抜けするようなものだった。

 その出版社は小さなビルなので業者に清掃を頼むほどではないと、近所に住む女性に時給でお願いしていた。
 「その女性に処理をさせるのは申し訳ない」と女性社員たちが遠慮したため、トイレにゴミ箱を置かないというのだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
深澤真紀
深澤真紀(ふかさわ・まき)
心コラムニスト・編集者。企画会社タクト・プランニング代表取締役社長
1967年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立。日経ビジネスオンラインで2006年に「草食男子」や「肉食女子」を命名、「草食男子」は2009年流行語大賞トップテンを受賞し、国内だけはなく世界で話題になる。平成の女性を語った『女はオキテでできている―平成女図鑑』(春秋社)や、『輝かないがんばらない話を聞かないー働くオンナの処世術』、津村記久子との対談集『ダメをみがく――”女子”の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店)など著書も多数。公式サイト http://www.tact-planning.com
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ