• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コミュニケーションの女子力チェック

2013年9月5日

本能に眠っている感受性をもって人間関係を築く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 私たちの本能や感性といった中には、男性性・女性性(だんせいせい、じょせいせい)というものが存在しています。

 男性性・女性性というのは、人が持っている「男性的な脳の使い方・考え方」「女性的な脳の使い方・考え方」という二つの側面のことです。

 男性性は論理的に考えることやリーダーシップをとったり、競争すること等、女性性は調和したり理解する・感性で表現するなどを司っています。

 この二つは、本来、誰しも持っているものですが、このどちらかが優位になってしまうと、偏ったコミュニケーションになってしまうんですね。

 まずは、あなたのコミュニケーションチェックをしていきましょう。

□ いつも誰かと競っていたり、相手と戦って打ち負かしてしまう
□ プライドが高く頑なな面がある
□ 相手のことを理解するよりも、理解できずに切り捨ててしまうことが多い
□ 感情を感じたり、美を感じたりすることが苦手
□ つい、自分の思い通りにしようとコントロールしてしまう
□ 育てたり、時間をかけて進めることが苦手だ
□ 自分の弱い面を見せられないし、相手の弱い面を理解することも苦手
□ 共感したり、相手の気持ちに寄り添うことがない
□ 物腰は柔らかくても、相手を決めつけてしまうことが多い
□ 例えば怒鳴るなど、相手を威圧することがある

 いかがでしたか?

 このような場合、あなたの本来持っている男性性ばかりが偏って使われてしまっていて、本来持っている女性性や女性らしさがまったく表現されていない状態なんですね。

 こうなってしまうと、他人との競争や衝突、あるいは「女性扱いされない」というような弊害を生んでしまいます。

 本質的な女性らしさとは、表面を美しく着飾るということではなく、「自分や他者に対して、女性的な在り方・接し方をすること」なんですね。

 だからこそ、美しい外見をしている女性でも、あり方やコミュニケーションが男性性優位になっていれば、男性同士が会話しているのと同じ状態なので、交際に発展しないとか、いつも彼氏と争うことになったり、付き合っても別れる……、ということが起きてしまうのです。

 こうした場合は、あなたの内側にある女性性を育ててあげることで、人への接し方や在り方は自然に変わっていきます。

 女性性とは、母性を基礎にした右脳=感性や感受性を使ったコミュニケーション方法・在り方のことです。

 それではここで、女性性の特徴を見ていきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ