• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この6アイテムでOK! 秋の新オフィスコーデ

2013年9月7日

手持ちワードローブを今季風にまとう着こなし術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 まだ残暑がきついが、ショップはもう秋一色。薄着の夏と違って、本格的なおしゃれを楽しみやすい秋の到来はオフィスルックをバージョンアップさせる格好のタイミング。程よく新トレンドを取り入れて、見慣れたお仕事コーデにも変化を持ち込みたい。秋から冬へと続くトレンドを見据えて新調するのが、最少の投資で最大の効果を生む賢い買い方。今シーズンは「これさえあれば安心」の6アイテムをお見逃しなく!

1◆異素材ミックスジャケット

 ありきたりのジャケットはつまらなく見えがちだけど、身頃と袖、袖先とポケット周りなどで別々の素材を用いた異素材ミックスのジャケットなら、風合いに変化が生まれる。手の込んだこしらえならではの上質感が漂うだけでなく、表情に動きが出る分、ボディーラインもすっきり見える。

 ダーク系の色を選べば、目立ちすぎず、オフィスルックに程よい遊びを持ち込むのにも向く。今季はコンパクトなショート丈ジャケットがヒットしそう。ロングコートとの丈違い感を印象づけて、縦長イメージを強調する着こなしにも生かしやすい。総革ジャケットはオフィスになじみにくいが、レザーを部分的にあしらったタイプは、布との質感の違いが際立って、格上の着姿に仕上がる。

2◆ダブルブレストジャケット

 1980年代後半から90年代初めにかけて男性の間でブームを呼んだダブルブレストのジャケットがウィメンズで復活。バブル期に肩で風を切って歩いたビジネスパーソンの象徴的アイテムだが、今季はムードが違う。

 張り出した肩や絞り込んだウエストといった、当時の構築的なシルエットは影を潜め、まるでカーディガンのようにやわらかい風情。身体の輪郭にやさしく沿うから、フェミニンなムード。従来よりぐっと親しげな顔つきに合わせて、普段使いも楽しめる。細身のボトムスで合わせれば、腰から下がさらにスレンダーにまとまる。女性ならではの特権を生かして、ジャケットの前を開ける着こなしはフレンドリーな人柄を演出してくれそう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ