• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小型スキャナで部屋を片付ける

2013年9月5日

S1100を買ったら、すぐに取り込みすぐに使い出す

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 私は「部屋の整理」と言えば「スキャナを買うこと」だと言いたいのですが、スキャナを買ったら「すぐに取り込みすぐに使い出す」ことをもあわせて強調したいと思います。

 しかし、その前の段階として、そもそもスキャナの選び方で迷ってしまうかもしれません。デジカメやスマートフォンほど機種が豊富なわけでもなく「どれにしたらいいのか分からない」というほどでもありませんし、お好みのものがあるならそれでいいと思いますが、私が最初にオススメしたい機種はあります。

「自炊」しなくていいのなら、モバイルスキャナ

 「自炊」というのは造語で、書籍をスキャンすることです。多くの場合、裁断機で背を切り落としてスキャンするという作業になります。

 問題は、いきなり書籍の取り込みをはじめてしまうのは大変すぎることです。書籍の他に雑誌の取り込みもやりたいところだと思いますが、雑誌の取り込みもけっこう面倒です。

 もし書籍も雑誌も取り込まないとなると、残るのは、パンフレットや健康診断の書類、ハガキ、名刺、レシート、保険関係の書類、マニュアルなどになるでしょう。そして、これらを取り込むだけで、部屋は相当程度片づくのです。書籍や雑誌もどうしてもとなれば取り込んでもいいのですが、とりあえず後回しにしてみましょう。

 そう考えていくと、決して大がかりなスキャナは必要ないのです。多くの場合1枚~数枚の書類を取り込むだけでいいので、一度に何枚もの書類を取り込めなくていいから、小回りが利いて、持ち運びに便利なスキャナを選んだ方がいいでしょう。

 つまり、ほぼ必然的に1台に絞りこまれます。S1100というUSBから給電もできる、モバイルスキャナです。

 最初に断っておきますと、この機種にはいろいろな機能上の制限があります。まず、複数枚を同時に取り込めません。USB一本とは言え、有線でパソコンとつながなければ作動しません。両面読み込みができません。遅くはありませんが、速度的に最高速度でもありません。

 にもかかわらず本機種を私がオススメしたいわけは、すでにあげたことの繰り返しにもなりますが、とても簡便に使えるからです。

 なんといっても、小さくて軽い。カバンの中に入れて簡単に持ち歩けます。机の引き出しに入れておくこともできます。

 また給電がUSB経由ですから、コンセントも充電も不要です。パソコンが近くにあれば、使いたいときにいつでも利用できます。もちろん家でなくても大丈夫です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ