• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界中の女子が熱狂する英国の至宝が来日

2013年8月17日

最も旬な俳優B・カンバーバッチが悪役を熱演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「彼を表紙にすれば、雑誌の売り上げがグッと上がる!」。「キュートな素顔はまるで天使のようで、演じている役柄とのギャップがたまらない!」。近年、その人気はとどまるところを知らないほど話題の、イギリス人俳優ベネディクト・カンバーバッチ。今、彼を知らないと、ちょっと乗り遅れた感がある、注目のスターです。

 イギリスBBCドラマ「SHERLOCK/シャーロック」で、現代版シャーロック・ホームズを演じて、大ブレークしたベネディクト。本国では“英国の至宝”と呼ばれており、シリアス・ドラマからコメディーまで幅広く演じる演技派俳優です。

 スティーヴン・スピルバーグ監督の「戦火の馬」などハリウッド作品でも活躍するベネディクトが、J.J.エイブラムス監督によるアクション超大作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で“世紀の悪役”を熱演し、世界中の注目を集めています。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
8月16日(金)、17日(土)、18日(日)、お盆先行公開決定!
(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related
marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト:http://www.startrek-movie.jp/

 有名なTVシリーズを全く新しいSFアクションとして生まれ変わらせた、2009年のJ.J.版映画「スター・トレック」から4年。グレードアップされた驚異の3D映像と、ドラマチックなストーリーの「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を見ると、日常生活から完全に解放されて、映画の世界に入り込める夢のような体験を味わえます。これ、大げさに言っているのではなく、実際に私が体験したことを書いていますよ!

 西暦2259年。ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)と、彼が率いるUSSエンタープライズ号のクルーは、未開の惑星ニビルの探査任務に就いていましたが、危険に巻き込まれた副長スポック(ザッカリー・クイント)を救うために、カークは重大な規則違反を犯し、船長を解任されてしまいます。

大事な友であるスポックを救うためなら規則違反もいとわないカーク。

 一方、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が爆破され、多数の死傷者が出る事件が発生。その報を受け、カークたちはサンフランシスコの艦隊本部に招集されますが、会議中に銃弾が降り注ぎ、カークが父のように慕っていたパイク提督(ブルース・グリーンウッド)が命を落とします。

 事件の真犯人は、艦隊士官のジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)だと判明。マーカス提督(ピーター・ウェラー)は、直ちにハリソンの捕獲を命じます。カークはパイクの敵を討つため、スポックらとハリソンの潜む惑星クロノスに乗り込みますが、そこでは“ある復讐”に燃えるハリソンが、冷酷なわなを用意して彼らを待ち受けていました。

カークたちはハリソンのわなに掛かってしまう。

 なぜハリソンは、たった1人で戦争を仕掛けてきたのでしょうか。彼の隠された過去とは一体……?

頭脳明晰で、身体能力抜群のハリソン。
ハリソンには復讐計画があるようだが……。

 いやぁ、期待以上にベネ(縮めてゴメンナサイ)の悪役ぶりは素晴らしく、その美しさには目を奪われました。ちょっと見ただけでは彼の魅力は伝わらないかもしれないのですが、この映画や、「SHERLOCK/シャーロック」を見たら、きっとベネにハマるはず!

 でも、ここまで見たところで、実は私、それほど彼に夢中だったわけではなかったんです。ところが、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のPRでベネが来日し、超至近距離で取材したら、もう完全にやられてしまいました(笑)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ