• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

男子はキラキラ女子のfacebookが嫌い!?

2013年7月31日

facebookへの何気ない投稿が男運を遠ざける!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の登場人物はこちら

――前回に引き続き、犬山紙子さんの『嫌われ女子50』(KKベストセラーズ)を参考に、フェイスブック上で嫌われる女子について話し合っていきます。

マキ 最近、1カ月に1度くらい旅行してたんです。それをフェイスブックにアップしていたら、職場の男性から「お前、旅行しすぎ」と言われました。雰囲気のいいレストランに行ったこともフェイスブックにアップしていたら、上司から「いつもおいしいものを食べに行っているよね」と嫌味っぽく言われちゃったんです。

ミドリ 私はGWに女友達と海外旅行をしたんですが、それをフェイスブックにアップしたら、先輩の男性から「男が寄り付かなくなるよ」と言われました。彼氏のいない私は、GWに一人で家にいてもやることがない。だから海外旅行をしただけなのに……。

博士 基本的に、「こんな素敵なレストランで、おいしいものを食べた」「休日は、こんな素敵な場所に出かけた」といったキラキラ女子の日常を見たときに、本心から「いいね」と思っている男性はいません。

ミドリ でも、キラキラした日常を送っているつもりは全然ないです。

博士 本人の意思がどうであれ、男性から見てキラキラした日常に見えるものは、キラキラした日常です。そしてそれらを、男性は本能的に嫌います。

 男性は、自分のサバイバルスキルやケアスキルを認められたい生き物だという話をいつもしていますよね。キラキラ女子の日常風景は、「この女性を支える能力は僕にはなさそう」「この女性を楽しませるのは大変そう」という印象を男性に与えてしまいます。つまり、男性のサバイバルスキルや、ケアスキルを否定してしまうことになるわけです。

サチエ だけどフェイスブックには、しょぼい日常ってアップしずらいです。「いいね!」を押してもらえるようなものをアップしなきゃと思っちゃうんです。それに、しょぼい日常をアップしてたら「寂しい人」とか「暇な人」「地味な人」と思われてしまいそうで。

博士 まずは、女性のキラキラした日常を見て、「いいね!」と思う男性はほとんどいません。「いいね!」を押している男性のほとんどは、押されると、その女性が喜ぶだろうと思って押しているのです。その証拠に彼らは、その女性のどの記事にもいいね! を押しているはずです。

 もし、本当に、男性からの好感度が欲しいなら、寂しい人とか暇な人、地味な人と思われるくらいでちょうどいいんです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ