• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

疲れると甘いものを食べる癖、どうすれば?

2013年8月5日

仕事中、疲れると甘いものが欲しくなるのはナゼ? どうすればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ダメだと分かっているのに、ついつい食べ過ぎてしまう--。そんな経験をした方は少なくないはず。「食べ過ぎてしまうのは、自分の意志が弱いから?」と思い悩んでいる方もいるかもしれませんが、「食べ過ぎは、意志が弱いからではありません!」と、総合病院内科の内分泌・肥満専門外来の臨床心理士として、約20年間、2万人を超える肥満患者の減量指導にあたってきた岡嵜順子さんは断言します。そして、「食べ過ぎの原因に気づき、自分にぴったりの解決方法を見つけて、ほんのちょっと行動を変えるだけで、食べ過ぎは必ずやめられる」とも。この連載では、食べ過ぎのパターン別に解決法を示した岡嵜さんの著書『なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか』(講談社)の中から、働く女性にありがちないくつかの事例と解決方法を紹介していきます。

Q
仕事中、疲れてくると
いつも甘いものに手が伸びてしまいます。―女性(26歳)

 「仕事をしていると、必ず甘いものが欲しくなるんです。だからデスクの引き出しには、アメやスナック、チョコのストックがギッシリ。社内では“お菓子専門コンビニ”なんて呼ばれてます(笑)」。

 Mさん(女性)が働いている会社は、社風も自由で、食事やリラックスタイムも自由にとっていいそう。しかしその分、しょっちゅうお菓子に手が伸びてしまうのが悩みだと言います。

 脳内ホルモンであるベンゾジアゼピンやセロトニンには、不安を静め、気持ちを落ち着かせる働きがあります。セロトニン濃度は糖類を摂取することによって上昇します。疲れたときに甘いものが食べたくなるのは、セロトニン濃度を上げて気持ちを安定させようと、身体が無意識にストレス解消をはかっているのでしょう。

 脳が使える唯一の栄養素は、ブドウ糖です。脳は1分間に約100ミリグラムのブドウ糖を絶え間なく消費しているといわれています。1日に換算するとなんと144グラム! 板チョコだと2分の1枚、バナナだと1.5本分なので、結構な量ですね。

 もし糖の補給が途絶えると、しばらくは肝臓のグリコーゲンをブドウ糖に分解して補います。しかし10時間ほどで蓄えがなくなり、その後は筋肉のタンパク質をブドウ糖に分解して補います。私たちの身体は、必要な筋肉を落としてでも脳を守るシステムができあがっているのです。

Mさん「ということは脳の疲れをとるために、甘いものは食べてもいいですか?」。

岡嵜「即効性はあるのですが、食べ過ぎはまずいですね。Mさんのように、体重が増えているのは、あきらかに食べ過ぎの証拠です」。

Mさん「では、どうしたらいいんでしょう?」。

岡嵜「まず、お菓子類をデスクまわりに置くのをやめましょう。そしておやつの時間を決めること。甘いもの以外で疲れをとる方法も考えてみてください」。

 1ヵ月後の来院時、Mさんの体重は3キロ減少。アゴまわりがスッキリとし、首のラインが見えるようになってきていました。

Mさん「“お菓子専門コンビニ”は廃業。今までは仕事をしながらデスクで食べていたんですが、社内のティールームで1日1回だけおやつタイムをとることにしました。しかもデスクから離れて少し歩くだけで、かなりリラックスできると気づきました。もっと早くからやっていればよかったです」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
岡嵜順子
岡嵜順子(おかざき・じゅんこ)
臨床心理士、交流分析士。日本肥満学会会員。
予防医学心理学(楽)研究室代表。大阪市北区の総合病院肥満専門外来にて、約年間、2万人以上の患者の指導にあたり、減量を成功に導く。同病院内メンタルヘルスカウンセラー。著書に『Q&A 生活習慣病の化学』(共著、京都大学学術出版会)などがある。現在研究室をベースにいろいろな企業で働く人の心身の健康増進、メンタルヘルスケアに取り組んでいる。予防医学心理学(楽)研究室 http://www.mental-service.com/
関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ