• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

氷鍋、青いラーメン…! 驚愕の夏メニュー

2013年8月1日

夏を盛り上げる涼感たっぷりのびっくりメニューを一挙紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今年は梅雨明けも早く、冷え冷えメニューが手放せな~い! そんな夏場におすすめの今だけの“涼”メニューをご紹介しよう。どれも期間限定だからお早めに!

 まず、夏におすすめの「鍋」があると聞き、鍋料理で定評のある居酒屋「赤から」を訪ねてみた。夏なのに鍋料理とは!? いったいどういうことなのか…。

これが居酒屋「赤から」にて期間限定で提供されている鍋、その名も「氷鍋」(1人前990円/2人前~)! 冷たい旨辛スープにクラッシュドアイスがたっぷり! これは見るからに冷え冷えだ~!

 赤からでは9月17日までの期間限定で、中部エリアの赤から店舗で氷鍋を提供している。氷鍋とは、エビや豚肉、トマトなどの具材が入った冷たい旨辛スープに、たくさんのクラッシュドアイスをのせた、夏にぴったりの鍋だ。同店を運営する甲羅の鈴木敦善さんに話を聞いた。

 「鍋という業態柄、夏場にどうしても客足が遠のいていたのをなんとかしたい! という思いがあって、鍋という強みを生かして『冷たい鍋』を考えたのがきっかけです。なかなか魅力的なものができず苦労しましたが、名古屋味噌と赤唐辛子をブレンドした、クセになる辛さが自慢の赤から鍋スープの魅力をようやく引き出し、見た目にも楽しい鍋が完成しました!」とのこと。確かに見た目は具材が鮮やかだし、クラッシュドアイスも涼やかで、「お鍋の宝石箱やー!」(笑)と彦摩呂さん風に感じてしまいます!

 あっさりした旨辛スープに白菜、もやし、トマトやコーンなど、たっぷりの野菜、豚ロース、エビ、そしてレモンが入った具だくさん鍋。エビや豚肉などの具材はボイルしてすべて火が通された状態で提供される。普通に取り分けて鍋として食べた後に、同店で人気のラーメンや特製太きしめん(茹でて冷したもの)を冷たいスープにプラスして冷麺やつけめんのような感覚で食べるのもおすすめだ。

 氷が解けてもスープが薄まらないよう、スープで味付けした大根おろしをたっぷり入れるという工夫もされている。

 この「氷鍋」、または同店の看板メニュー「赤から鍋」のいずれかを選べ、さらに枝豆、大根サラダ、鶏セセリ、鶏かわ、赤からカルビ、本日の1品、鍋の〆(麺など)を付けた全8品の「選べるおためしセット」(1人前1990円/2人前~)も用意している。鈴木さんによると「団体のお客様にアツアツの赤から鍋と冷え冷えの氷鍋をそれぞれご注文いただき、食べ比べしていただくこともあります。赤からの新しい楽しみ方が増えたような気がしています」とのこと。

今年で10周年を迎える同店では、9月17日までの期間を「赤から誕生10周年記念 何かやってる100日間!」とし、キャンペーンを実施中!

 筆者も味わってみたのだが、冷麺のような? 冷しゃぶのような? 小さくカットしたレモンが効いていて、さらにクラッシュドアイスがシャリシャリして、爽快な鍋だった。とにかくスッキリ! 中部エリアの店舗で大人気なので、関東でも8月1日から渋谷本店で氷鍋を提供スタートするという。夏しか楽しめない冷え冷えの鍋、一度ご賞味あれ。

 さて次も冷え冷えメニュー! なんとパスタの上にソルベが! イタリアンカフェ・バーを展開する「プロント」で食べられる期間限定のパスタが、すごいことになっている。

プロントの「冷製トマトスパゲッティ ~熊本産トマトシシリアンルージュのソルベのせ~」(830円)。ソルベがそのまま乗っている~?!

 冷製トマトパスタはよく聞くけれど、どうしてソルベを乗せちゃったの? もしかしてそれは甘いの? 同店広報室の廣瀬千賀子さんによると「熊本県のアイスクリームメーカーのトマトソルベを今夏のパスタに利用しよう! と、弊社社長が思いついたのがきっかけで商品化しました。冷たいガスパチョソースにも合うよう、改良を加えてパスタに乗っけちゃいました!」とのこと。

 商品名の「シシリアンルージュ」というのはイタリア生まれの個性派トマトの品種のことで、リコピンやグルタミン酸が通常のトマトより多いのが特徴なのだそう。このパスタに乗っているシシリアンルージュのソルベはトマト本来の甘みが感じられ、ほどよく酸味のあるガスパチョソース(トマトの冷製スープ)と合うよう改良したものだとのこと。た、食べてみたいデス!

 「7月に入って暑い日が続いたので、お客様には大変好評です。ヘルシー志向の方にも、夏を乗り切るためのトマトスパとしてリピートしていただいています」と廣瀬さん。とびきり暑い日で食欲がなくても、ソルベの冷たさとトマトのサッパリ感でスルスルッと食べられそうだ。

 また、同じくイタリア料理店のカプリチョーザでは、冷製カルボナーラも登場! 「パルミジャーノとパンチェッタの夏の冷たいカルボナーラ」は同店の人気メニュー「カルボナーラ」を、夏に楽しめる冷やし麺として開発したもの。9月23日までの期間限定なので、気になる方はお早目に!

 続いては、目にも鮮やかな青い料理の数々を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ