• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

先輩を怒らせずに提案が伝わるコトバとは?

2013年7月26日

効率的な仕事の進め方を思いついて実現したいとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 皆さん、こんにちは! ライターYです。ベストセラー『伝え方が9割』の著者で、コピーライターの佐々木圭一さんを講師に迎えたこの人気連載も、今回で第5回目を迎えました。

 本日は何かと気を使う職場での「伝え方」を考えて行きます。ところで皆さんは先輩に対して「この仕事のやり方、変えませんか?」と言えますか? どうしてもストレートに伝えるには躊躇しがちな「コトバ」ですよね。でも明らかに効率がよくなる進め方を提案しないまま、大切な時間や労力が失われるのは悔しいものです。さあそこで、「伝え方」の出番です!

 今回の生徒は、メーカーで事務の仕事をしている古田沙織さんです。古田さんもやはり、「仕事のやり方を変えたらもっと仕事がうまく回るようになるのになあと思うことがあります」と言います。「ただリーダーの先輩に対して、後輩の立場からはなかなか言いづらく…。自分の提案をスムーズに伝える方法が知りたいです」(古田さん)。

 いつもの7つのルールに沿って、「伝え方」を思いつくまま書き出します。さあ、読者も皆さんも一緒に考えてみましょう。制限時間は5分です。


本日の生徒たち
<生徒1>
古田沙織さん(25歳・メーカー・事務) 「しっかり学んで、伝え方上手になりたいです!」
<生徒2>
ライターY 「先輩への改善策の提案、なかなか難しいですよね…」
今日のお題

(先輩に対して)仕事のやり方、
変えませんか?」

(同じチームの先輩に、仕事のやり方を変えてもらうコトバ)
モクモクとペンを動かして、思いつく案を紙に書き出していきます

 シンキングタイム終了~。皆さんはどんな案が思いつきましたか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木圭一
佐々木圭一(ささき・けいいち)
米国の広告賞で日本人初ゴールド受賞。アジア国際効果広告賞で日本初グランプリ。国内外の賞を51回獲得。作詞で、オリコン1位を2度獲得(CHEMISTRY、郷ひろみ)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ