• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Facebookが面白くない人のための1冊

2013年7月18日

『本当はコワくないFacebook』でわかる、効果的な使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ユーザー数は多いですし、友達もたくさん居るからという理由で、Facebookをやっているという人も今はたくさんいるでしょう。

 しかしFacebookを使っている全ての人が、楽しくて使っているかといえば、そうでもないのでしょう。

 今回は、Facebookが面白くないと感じている人のための1冊を紹介します。

[引用]
「幸せで充実した人が、自分の生活をみせびらかし自慢をするための場所」
長い間、私はFacebookをそう認識していました。
[引用終わり]

 『本当はコワくないFacebook』の冒頭にはこう書かれています。私はそんな風に考えたことはありませんが、そういう視点で見直してみると、なるほどそう見えるかも知れません。少なくとも、人の外食の様子や見知らぬ人の子供と遊んでいる写真を見せられても面白くない、という意見はあって当然だろうと思います。

 そう思ってFacebookを見直していくと、私自身何が面白くてこれをやっているんだろう、という気がしてきました。

 ただ、私にとってはFacebookに投稿しているほとんどの人がいちおう、またはそれなりに知っている人ばかりなので、仮に「自慢」であろうと気にはなりませんでした。「ああなるほど。この人が奮発したらいきそうなところに行っているな」といったところなのです。

 とはいえ、あの短い枠の中にとっさに気の利いたことを出せと言われてもそれはそれで難しいものです。食事もダメ。子供と遊んでいるところもダメとなると、もうそんなに「日常のネタ」などなくなっていくわけです。

 著者は何を出せというのでしょう?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ