• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【読者変身企画】眉メイクの基本教えて

2013年7月18日

きつい印象の眉を優しく変身させるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「眉を描かないと外出できない」という人も多いほど、眉は重要なパーツ。そして、毎日メイクしていても上手に描けない…と悩んでいる人が多いパーツでもあります。そこで今回から3回連続で、読者モデルのお悩みを解消する形で、眉の整え方や上手な描き方を徹底的にレクチャーします。みなさんもぜひ眉メイクの参考にしてみてください!

Before
自分で描いた眉
伊藤徳子さん(26)
会計事務所で事務系のお仕事をしている伊藤さん。もともと眉山に角度がついているため、きつい表情に見えるのが気になっている。なりたい眉の形は、太めで眉尻が短めなストレート眉。左右の眉頭の位置や眉の形が違っているため、両眉を揃えて描く方法も知りたいそう。
ポイント!
★形が整っている方の眉に合わせて、反対側の眉を整えて描く
★眉の下側の長すぎる毛やムダ毛をカットする
★眉の上側は1本ずつバランスを見ながら切る
★眉尻は小鼻と目尻を結んだ位置を目安に、好みの長さに

 角度がついたアーチ系の眉を、ストレート眉にしたいという伊藤さん。まずは、眉の下側の長すぎる毛をカットするところからスタートしましょう。ムダな毛をすっきりさせると、眉のラインがはっきりするので、整えたり描いたりがしやすくなります。眉の形から外れているまぶたの毛などは抜いてしまってもOKです。

 眉の上側は額の産毛からつながって生えているので、切ったり剃ったりするとその部分が青白くなって不自然なので、あまり手を加えない方がいいでしょう。眉山の角度がキツいなど、形を整える必要がある場合は、1本ずつバランスを見ながらカットして。

 左右の眉の形が違う場合は、形が整っている方や自分の好きな形の方の眉に合わせて、眉山の位置などを決めて、反対側を整えたり描いたりしましょう。眉頭の位置も同様で、伊藤さんは右の眉頭が内側に入りすぎているので、左側に揃えるように、眉頭の下の鼻筋につながる毛をカットしました。

 伊藤さんの眉は眉山の位置がやや外側なので、自然と眉尻が長くなっていました。そこで、眉尻の毛をバランスを見ながら1~2本カットし、眉尻を短くし眉山を内側に。そこから眉尻を短めに描くとコンパクトな眉になり、顔の幅が狭まり、目も大きく見えますよ。

1 ムダな毛をカットする
眉の下側の伸びすぎた部分をカットする。コームで眉の上側から毛を押さえて、眉の形からはみ出した毛先を少しずつカット。毛が長すぎると眉の形がはっきりしない上、まぶたにかぶさってしまい目元が暗くなる。

2 眉尻の毛を1~2本カットする
眉尻の毛をバランスを見ながら1~2本カットし、眉尻が下りる位置を内側に整える。こうすることで眉山の位置も内側になって、眉全体がコンパクトになる。

眉カット終了!
全体的にボサッとしていた眉がすっきりと整った。左の眉尻の上側にあった、眉のラインから外れた毛をカットしたため、あいまいだった眉山がはっきりした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ