• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

実力が認められる人がとる行動とは?

2013年7月23日

第10回 仕事の名言 ~仕事への取り組み方を考えるときに~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは、著述・翻訳家の上野陽子です。実力を認めてもらえないし、任されている仕事の内容に納得がいかない……不満があったとしたら、それは変化を起こす一歩を踏み出す時なのかもしれません! ジャーナリストのアン・ランダースの名言は、一歩を踏み出す大切さを教えてくれます。




人間はたった3種類。
物事を起こす人、
物事が起こるのを眺めている人、
それから「何が起こった?」と聞く人

There are really only three types of people:
those who make things happen, those who watch things happen and those who say, "What happened?".




アン・ランダース
Ann Landers


米国ジャーナリスト(1918年~2002年)
新聞のコラムなどで人生相談を受け、人生論に満ちた格言や実例、心温まるエッセイと的を射たアドバイスで現代の悩みに応えてきた。彼女の遺した名言や著書は、今でも幅広い層に勇気を与えるとして人気が高い。


 会社にも、仕事にも、プライベートにも、不満を言い出せばキリがありません。

 不満をただ口に出しているうちはグチにすぎませんが、不満をよく見れば世の中に必要な“改善すべき点”でもあるんです。

 今誰もが持つスマートフォンは、「ボタンが多くて使いにくい」「こんなにカッコ悪いのにスマートフォンと呼ぶ」という不満を変えようとしたスティーブ・ジョブズが、「電話を再発明」したわけです。

 つまり、今までの携帯電話に対する不満をやっつける、という行動が、今私たちが受けている恩恵へとつながり、誰もが知る偉人にまでなりました。

 世の中に対して「こんなの……」と不満を言ったりグチをいったり、傍観しているのは簡単なこと。仕事でもプライベートでも、そこに解決策を見出して、もっともっとよくなる方向に自ら行動を起こしてチャンスにする人が、企業でもどんどん登用されていくんです。

 私たちが何か物事を起こすというのは勇気も力も必要なことですが、まずは小さな一歩から。最初は相手にしてもらえなくても、行動するうちに自分なりのアプローチの仕方もわかるようになり、実力も発揮できるようになります。ほんの小さな実績から、周りも話に耳を傾けてくれるようになって、些細なきっかけが大きなブレイクポイントとなるものです。

 物事を眺めていたり、「何があったの」と聞いたりする人よりも、自ら行動を起こして新しいことをはじめる人、不満な現状を壊せる人になりたいものですね。

【ひとことサプリ】
不満をやっつける方法を見つけることは、
大きな実績の第一歩になるんですよ!

[出典・参考資料]Ed Diener, Micaela Y. Chan "Happy People Live Longer:
Subjective Well-Being Contributes to Health and Longevity" Applied Psychology:
Health and Wellbeing (2011)

構成・文/上野陽子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュース、スヌーピーでお馴染み『ピーナッツ』(C.M.シュルツ作)の連載翻訳などを手がける。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)など多数。新刊『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)も大好評発売中!
ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
働き方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ