• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

関東に「猛暑の七夕」がやってくる!?

2013年7月3日

~梅雨末期、記録的な大雨と暑さに要警戒~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 7月2日は、夏至から数えて11日目の「半夏生(はんげしょう)」でした。

 この日に降る雨を「半夏雨(はんげあめ)」といって激しく降る恐れがある…といわれています。確かに梅雨の後半で梅雨前線が活発になる時期です。今年は広い範囲での雨はありませんでしたが、東北北部で局地的に非常に激しい雨が降りました。青森の気象台では「弘前市付近で1時間に約90ミリの雨が降ったとみられる」と『記録的短時間大雨情報』を出しました。

 記録的短時間大雨情報は、大雨警報発表時に、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような「稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするために発表されるものです。

7月2日の雨雲レーダー。非常に激しい雨を降らせる雲が点在している。(気象庁HPより)

 この日は青森の気象台で今年初の真夏日となり、札幌も今年一番の29度5分を観測するなど、各地で晴れて暑くなりました。気温が上がった午後、夕立のように所々でカミナリ雲が発生・発達したのです。

 3日から5日には局地的ではなく広範囲で激しい雨が降る恐れがあります。

 梅雨前線が日本海から東北南部付近に停滞するとみられていて、梅雨後半の気圧配置になります。九州から関東付近には、暖かく湿った夏の高気圧の空気が流れ込む形です。

7月4日夜の予想図。梅雨前線は日本海から東北南部付近まで北上している。前線の南には太平洋高気圧。。(気象庁HPより)

 雨雲が「点状」ではなく「帯状」に組織化されて、雨雲の「列の方向」と「動く方向」が重なった場合、集中豪雨に見舞われる恐れが出てきます。

7月3日の雨雲レーダー。九州北部から山陰にかけて雨雲の帯が広がり、特に発達した雨雲もライン上に延びている。この雨雲の通り道では、非常に激しい雨に見舞われた。北九州市八幡西区では1時間に73ミリの観測史上最も激しい雨を観測。(気象庁HPより)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ