• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スキャンして取り込んですぐ使う

2013年7月4日

手元にある紙は電子化してクラウドへ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 新しいScanSnapが話題になっています。私もまだ実機に触れてはいませんが、使ってみたくなるスキャナではあります。

ScanSnap SV600
製品情報:富士通

 ところで私自身は今S1100という小型のスキャナをもっていますが、これを選んでいる理由は「取り込んだらすぐ使う」ためです。

ScanSnap S1100
製品情報 : 富士通

 手元に紙があればとにかく、S1100で取り込んですぐに、クラウドにアップします。

 クラウドにアップするということは、例えばDropboxでもいいし、あるいはEvernoteでもいいのですが、要するに紙を取り込んだら、その紙を自分のもつ全ての端末から参照できるようにするということです。iPhoneで読みたいときにはiPhoneで、パソコンで読みたいときにはパソコンで読むようにします。

 このように、手元にある紙片をどんどんクラウドにアップしておくことで、「どこからでもすぐに」使えるようになります。「どこからでもすぐ」です。これは紙を持ち歩く以上に便利なことで、体感しないとそのすごさがよく分からないかも知れません。

取り込んだらすぐ使う!

 例えば私は書籍原稿やブログを書くために必要な書類は、必ず取り込み、できれば取り込んだ直後に使い始めます。引用する際などは必ずそうします。こうすると、引用文を書き写すのにかかる時間が、スキャンニングする時間を含めても、約半分で済むのです。これは主観ではありません。私は実作業にかかる時間を計測しているので、時間を計ってほぼ半分になったのです。

 別に不思議ではありません。本に目を落としたり、首を動かしたりする時間がまったくないので相当早くなるわけです。

 このことはレシートをスキャンしてから経理ソフトなどにデータ入力する場合にも当てはまります。さすがに倍速とはいきませんが、確実に時間は短縮できています。

 大事なのは、取り込んで即座に使い出すことです。一切間をおかないこと。スキャンは多くの人が「あとで使う資料を取り込む」イメージを持っているようですが、取り込んだ直後に利用すると、保存場所などで悩むことはないし、整理する必要の事実上ないし、元本も手元に残っているのです。ようするに、一番便利に使うことができるタイミングとは、取り込んだ直後なのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ