• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

時間を豊かに使うために~知っておきたい10のこと

掃除の知恵~5段階に分けて時短をはかる

2013年6月28日

掃除を“生活の一部”にする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 具体的なアドバイスが好評の書籍『「限りなく少なく」豊かに生きる』から、忙しく頑張る働き女子のみなさんに、「気持ちが楽になり、生活がすっきりシンプルになる時間の使い方」についての言葉をお届けしています。

 著者のドミニック・ローホーさんは、アメリカと日本でヨガを学び、禅寺での修行も積んでいるフランス人女性。日本の精神文化への造詣(ぞうけい)も深く、「生き方のヒント」に関する著書は大人気を博しています。

 今回は「掃除」についての言葉をご紹介します。

     *       *       *       *       *

◆掃除は5段階に分けて時短をはかる

 ルーティンワークには、歯磨きのように生活の一部になっていて、するのが当たり前になっているルーティンもあります。

 それでは、私たちの日常に欠かせない掃除、これを5段階のルーティンに分けて生活の一部にしてしまいましょう。

 第1段階は食器洗い。洗った食器は拭いて収納します。次にベッドメイキングをします(そのとき
  近くに、前日の新聞や空のビスケットの箱などが転がっていたらついでに集めて捨てます)

 第2段階は水回りの掃除(キッチン、トイレ、バスルーム)。

 第3段階はハタキかけ。

 第4段階は鏡や水道のコックなどを磨く。

 第5段階は床掃除(掃除機をかけるかほうきで掃く、またはフローリングワイパーで拭く)。

 時間がないときは第1、もしくは第2段階まで。時間が許す場合は第5段階までこなしましょう。

 食器を乾かしてしまう。ガスレンジを拭き、台拭き用のフキンを洗う。このように毎日行うルーティン作業を欠かさず続けていると、わざわざ「大がかりな」掃除に時間を割かずにすみますし、もの持ちもよくなります。

 「片づける」とは、ものを元あった場所に戻すだけのこと。したがって、ひとつひとつのものにそれぞれ適切な置き場所を見つけてあげることは、「考える」行為なのです。

 私の義理の日本人の妹、梨恵さんは、整理整頓の名人です。私の家に来ても、ホテルに泊まっても、彼女は即座に手荷物の置き場所を決めます。そして彼女の滞在中、その置き場所が移動することは決してないのです。
  

「限りなく少なく」豊かに生きる

 ここで紹介している「ほんの少しのセンスで『時間』を豊かに使う」のほか、「『人間関係』を少なく、ゆるやかに」「『感性』が磨かれる暮らし方」といったテーマについて、含蓄のある言葉を紹介している。自分を縛っているいろいろなものから自由になって、充実した生活を送るためのヒントが詰まった一冊。
ドミニック・ローホー著/講談社/1200円(税別)


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ