• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「柄」の着こなしで装いにエナジーをプラス

2013年6月29日

柄の持ち味を生かして、自分を出す装い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 梅雨が開けると、待ち遠しかった夏がやって来る。熱量を増すお日様に負けないよう、ポジティブ気分を映す「柄」の着こなしで装いにエナジーをプラス。柄にはそれぞれに特有のムードがあるから、日替わりで自分のキャラクターを演じ分けるような使い方もできる。各モチーフの持ち味をつかんで、薄着になる夏ルックに元気チャージ。

◆柄パンツ+ボーダー柄

 日本でもこの春夏にブームとなった柄パンツ。これだけでも十分に目を引くが、ボーダー柄トップスと組み合わせると、互いを引き立て合って、柄コーディネートに深みが増す。古風な感じのアーガイル系菱形模様のパンツに、バームクーヘンを連想させるようなボーダーニットが朗らかでユーモラスなムード。柄パンツはボーダーとの相性がいい。さらに柄スカーフでフェミニンに味付け。

 実は上の写真と全く同じ柄パンツの別コーデバージョン。しかも、ボーダー柄トップスでの合わせというところまで同じだが、こちらの横縞は細めで均等幅。ボーダーの種類が違うだけで、雰囲気が変わるという好例。すっきり感が増して、心なしか身体が細く見える。上との大きな違いは、ベストの有無。深い色のベストを重ねると、ボーダーの見える面積が減って、その分、落ち着いたシャープなシルエットに仕上がる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ