• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パリ発!足にやさしいフラットシューズ

2013年6月22日

バレエシューズから生まれた、スイスイ歩けるフラットシューズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 足が命のバレリーナたちが育んだから、ダンスブランド「Repetto(レペット)」のフラットバレリーナシューズはどこかが違う。爪先をなじませた瞬間から感じる、足を包み込んで慈しんでもらえるような肌触り。バレエの殿堂、パリ・オペラ座そばに本店を構える「レペット」が満を持して開いた銀座店は本店譲りの優美なたたずまい。ここで選べるシューズに足をゆだねて、さあ初夏の街へ!

◆“フランスのマリリン・モンロー”が生んだ「レペット」
フラットバレリーナシューズ(シルバー) 27,300円
レースアップ(ホワイト) 28,350円

 「レペット」のフラットバレリーナシューズが名声を博すまでになった陰には、ある世界的な大女優の存在があった。「永遠の小悪魔」「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれたブリジット・バルドーがその人だ。その愛くるしさと妖艶美で時代にアイコンになったバルドーが1956年、「レペット」に「バレエシューズと同じぐらいフレキシブルで、履き心地に優れたフラットシューズを」と注文したのがきっかけでフラットバレリーナシューズが生まれた。

 彼女が主演映画『素直な悪女』の中で履いたのをきっかけに、「レペット」は一躍、有名になった。バレエシューズの街履きが広まったのも、この映画からだとされる。レペットのアイコン的モデル「CENDRILLON(サンドリオン)」は今ではフラットバレリーナシューズの代名詞となっている。

ローヒールパンプス(レッド) 29,400円
ローファー(ブラック) 33,600円

 「Repetto」の歴史は60年以上昔の1947年にさかのぼる。バレエ界のスターだった振り付け師のローラン・プティがシューズ作りを頼んだ相手は、実の母ローズ・レペット。ブランド名も母の姓に由来する。つまり、レペットは始まりからして純粋にバレリーナ仕様だったわけだ。

 ローズが考案した、縫った後にひっくり返すという製法は、足を守るソフトな肌当たりを生んだ。オペラ座近くの小さなアトリエで始まった「レペット」にはやがて国境を越えて大勢のダンサーたちから注文が舞い込み、バレエシューズの代名詞的存在になった。この丁寧な手仕事の靴づくりはタウンシューズにも受け継がれていて、履き心地と安心感の両方を満足させてくれる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ