• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美人の朝は、前日の帰宅後10分で決まる!(2/3)

2013年6月21日

朝バタバタしないための帰宅後動線づくり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

究極の帰宅後動線
自宅に着いてからソファーでくつろぐまで

~マンションのエントランス~

●DMの要不要を判断する
 ポストを開けて、(少々お行儀は悪いですが)エレベータで自宅階まで着く間に中を見て、要不要を決定。DMと手紙は玄関を入る前に厳選。到着後、不要な物は即処分します。

玄関や机の上に“とりあえず”と置いてしまうと、開封しないまま長期間そのままになったり、開封はしても後で目を通そう、後で判断しようとそのままにしておくと、どんどん紙が山積みに・・・“いったん置き”を意識してやめてみましょう。

~玄関~

●翌朝慌てないように、鍵をすぐに定位置へ吊るす
鍵を部屋に持ち込むと、どこにやったか分からなくなりがち。地震など万が一の時にもすぐ持ち出せるよう、玄関周りの決まった位置に置き場所を設けて。

~廊下にあるキッチンを通過しながら~

●冷蔵庫に入れなければならないものは、一旦大雑把に入れて、後で整理する
動きの流れを止めないことがコツ。

~リビングあるいは自分の部屋にて~

●ソファーの上に、バッグをざばっとひっくり返して全部出す
●PCで処理するものはまとめてPCのそばに置く
下記のようなPCで処理するものは、後ほど仕事をするついでに処理しましょう。

・夜のうちに処理すべき仕事関連のもの → メール対応や書類作成などの処理
・その日に戴いた名刺 → Excelの名簿に入力する
・お財布の中のレシート → Excelで家計簿をつける
・カメラのSDカード → 画像を取り込んでチェック。写りの悪いものは削除。
             残す画像はクラウドなどに上げて整理を。

レシートは溜まりがちなので、すぐお財布から出すことを習慣に(お財布編参照)。
SDカードに画像を溜めこんでいて、いざ写真を撮ろうと思った時「データカードがいっぱいです」というメッセージが出た経験ありませんか?せっかくのシャッターチャンスを逃しては哀しすぎますよね?こまめに取り込んで、カード内はクリアにしておきましょう。
名刺も溜まりがちの代表的なものですが、その方のお名前と顔の記憶が新しいうちにデータとして入力、その時ちょっとしたキーワードなども備考として添えておくと後々参照しやすくなります。
こうして、アクションアイテムは“どこで”処理するかもしくは“どんな”処理をするか(=ここでは、PC)でまとめることで時短に繋がりますし、漏れも防げます。

●携帯と持ち歩き用のPC、カメラの充電をする
翌日、仕事の外出先でPCがローバッテリーでは心もとないですよね?クライアント先で電源をお借りするのもなんだかスマートではありません。我がもの顔で、カフェなどの電源で(しかも無断で)充電している姿もあまり人目には美しくないもの。携帯は特に震災後、帰宅して必ず充電するようになりました。こちらも、いざと言う時に電池が少なくては不安ですので、帰宅後すぐに充電!の習慣をオススメします。

●翌日必要なモノだけをかばんに詰める
詳しくは、バッグ編をご参照ください。

●明日の服とアクセサリーなどを定位置に準備する

●シャワーを後で浴びる場合は、一旦部屋着に着替え、ポケットも空にする

~洗面所&ランドリー~

●洗濯物とクリーニングに分け、洗濯物は洗濯機へ入れる

~再度玄関~

●準備した服に合わせて翌日の靴を出しておく

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
草間 雅子
草間 雅子(くさま・まさこ)
京セラ広報部に在職中、仕事効率を左右するファイリング、職場のシステムに興味を持つ。 結婚後、医療機器メーカー等の社長付き秘書を務めていたとき、リバウンドしない収納システムが評判になり相談を受けていくうちに、オフィスや家庭の収納の重要性を痛感。「収納学」と「カラーイメージ理論」を学び、個人事務所Feliceを設立。リバウンドの少ない独自の分類収納法『美的収納』を確立する。個人宅やオフィス、店舗の収納コーディネートを手がける一方、セミナー、コンサルティングなど幅広く活躍中。
公式サイトブログ
関連キーワードから記事を探す
整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ