• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美人の朝は、前日の帰宅後10分で決まる!

2013年6月21日

朝バタバタしないための帰宅後動線づくり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 皆様、こんにちは。美的収納プランナーの草間雅子です。今回は、「美人の朝は、前の日の帰宅後10分で決まる! ~朝バタバタしないための帰宅後動線づくり」をお送りします。

 これまで11回にわたり、場所やアイテムごとに見直しと収納のポイントをお伝えしてきましたが、今回はそれら各パーツを繋ぐ集大成とも呼べるようなもの。家全体の「動線」、中でも、家に帰ってきてから明日の身支度を最短にするための“夜のおつとめ”(夜のうちにしておくこと)に着目します。

 バタバタ出掛けたオーラと、朝一杯のコーヒーをゆっくり飲んでから出掛けたオーラは全く非なるもの。バタバタさんはメイク、服装、鼻息など、必ずどこかに疲れた感じが表れます。対するゆとりさんは、キチンと感が漂い、なんだか涼しげです。

 では、朝、ゆとり美人として出掛けるためにはどうすればいいのか――。私がこれまで試行錯誤を重ねて辿り着いた“究極の帰宅後時短動線”(今なお進化中)をお届けしますので、何かヒントがあれば是非取り入れてみて下さいね!

バタバタしない朝は
前日の帰り道から始まっている!

 実は、翌朝バタバタしないための準備は、前の日の職場などからの帰宅途中から始まっています。

 オフィスを出てから家の前に着くまでの間に私が実践しているのが、翌日着ていく服、明日絶対に忘れてはいけない仕事のモノ、今夜自宅でやらなければならない仕事などを電車の中などで考えておくということ。To Doが覚えきれないぐらい多い場合は、携帯のメモ機能か、手帳にインプット。翌日から出張の場合は、その日数分だけ着て行く服、持ち物なども考えるようにしています。

 また、クローゼットの回でお伝えしましたが、私は服を買ってきた際、服への関心が一番高い時に、バッグや靴、アクセサリーまでパターンを決めているので、翌日着て行く物を決めるのは結構簡単です。

 そして、いよいよ愛しい我が家に到着したら…。それからの10分間も、翌日のための貴重な時間です。私はマンション住まいなのですが、以下、エントランスに着いたところから場所別に説明していきます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
草間 雅子
草間 雅子(くさま・まさこ)
京セラ広報部に在職中、仕事効率を左右するファイリング、職場のシステムに興味を持つ。 結婚後、医療機器メーカー等の社長付き秘書を務めていたとき、リバウンドしない収納システムが評判になり相談を受けていくうちに、オフィスや家庭の収納の重要性を痛感。「収納学」と「カラーイメージ理論」を学び、個人事務所Feliceを設立。リバウンドの少ない独自の分類収納法『美的収納』を確立する。個人宅やオフィス、店舗の収納コーディネートを手がける一方、セミナー、コンサルティングなど幅広く活躍中。
公式サイトブログ
関連キーワードから記事を探す
整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ