• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「しつこい」と思われたくなくて…。

2013年6月24日

異性に好意を持つ気持ち、どうすれば思い出せますか?(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ※前編は⇒こちら

<今週のボク様>
年齢:34歳
仕事:フリーカメラマン
年収:600万円
学歴:専門学校卒
家族構成::一人暮らし

ビズカレッジの連載「ロスジェネの叫び!」で、2009年3月24日「本当に好きな人からは好かれないんです」に登場

 清潔感の漂う男前のカメラマン、塚田弘一(仮名、34歳)。恋人なしの未婚者だ。「異性を好きになる気持ちが思い出せない」などとニヒルなことを言いながら、好みを聞くと「清楚」「大人」「年下」というありがちかつ贅沢な条件を挙げてくる。実際、出会いには事欠かないようだ。「結婚相手を探している」というポーズで遊びまくっているのではないか、という疑問がわいてくる。

大宮(以下、O) 塚田さん、地方のご出身で長男でしたよね。ご両親からのプレッシャーを感じますか?

塚田(以下、T) 母からは「いい人いないの?」とたまに聞かれます。「いつかできたらいいね」などと答えていますが、詳細は伝えられません。「詳細」がないんですけどね(笑)

O お父さんは?

T 父は実際のことだけを知りたいのだと思います。恋人や婚約者を実家に連れて行ったら会ってくれるでしょう。でも、僕の恋愛プロセスや心境なんかは聞きません。お互いに照れくさいので。現在、父は孫たちにベタ惚れですしね。妹は3人も子どもがいるんです。

O 塚田さん、仕事以外でも女性との出会いは少なくないでしょう。

T そうですね。知り合いや先輩が異業種交流会みたいなものをよく開いてくれます。その場は楽しく飲みますよ。連絡先を交換した女性から「時間があったらここに行きましょう」と誘われることもあります。

O モテるなあ。

T でも、何もしません。いい加減な気持ちで手を出すと面倒くさいことになりそうですから。周りからどう思われるかも気になります。

O 誠実というか小心というか…。

T かといって、誘われて断る理由もありません。まさか「恋人になるつもりはないので行きません」なんて自意識過剰な返事はできませんから。一度は会います。二度目は僕から誘うべきだということもわかっています。

O その気がないので誘わない、と。

T はい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
大宮 冬洋(おおみや・とうよう) フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』『プレジデント』『きょうの料理ビギナーズ』『dancyu』などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(共に共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉』『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(共にぱる出版)がある。日々の楽しみは食べること。食生活ブログをほぼ毎日更新中。毎月第3水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ