• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

若さ・美しさを保つ秘訣は「ごきげん力」

2013年6月21日

「いいこと3つ日記」で幸せを感じる力を鍛えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「ごきげん」が健康度を左右する
わかってきた感情とエイジングの関係

 アンチエイジングの3本柱である「食事」「運動」「心」のなかでも、いちばん簡単で今すぐにでも始められるのは、心の持ち方を変えること。つまり、いつも「ごきげん」でいることです。

 僕はかなり以前から、「ごきげんに生きる」ということにこだわってきました。ごきげんをすすめる本も書いたし、「ごきげんだから長生きする」という仮説を立てて研究もしてきました。以前はごきげんや幸せといった感情は曖昧なものと考えられていて、なかなか科学で実証しづらい分野でしたが、近年、幸せやごきげんと寿命との相関関係を示す論文が次々と発表され、心の状態が本当に健康や寿命を左右することがわかってきたのです。

 例えば、米国コロンビア大学のデビッドソン氏らが1739人の健康な男女を10年にわたり追跡調査した研究報告では、10年間に145人(8.3%)が心臓病を発症していたが、ポジティブさのレベルを5段階に分けて比較したところ、レベルが1段階上がるごとに心臓病のリスクが22%低下するという結果でした。研究班は「ポジティブな人は、ネガティブな人に比べ、リラックス時間が長い。ストレスがかかっても立ち直りが早いからだろう」と考察しています。

 ポジティブな感情のレベルによって、心臓病のリスクが2割も変わるという差は大きい。「ごきげんでいれば病気になりにくい」という、誰しもなんとなくそうだろうと感じていることが、科学的に実証されてきているのです。

ポジティブでいることが
若さを保つ秘訣?

 さらに、感情は特定の病気に影響を及ぼすだけでなく、加齢そのものを左右することがわかってきました。2011年2月号の科学誌「Science」に「Happy People Live Longer=幸せな人は長生きする」と題した総説が掲載され、幸せと長生きの関係について数々の研究事例を分析した論文を根拠に、いつもポジティブでいることが長生きする秘訣だと総括しました。

 もはや、「幸せな人は長生きする」というのは科学的にも認められた事実。その理由は大きく分けて2つあると考えられています。

 一つは「幸せな人はよい生活習慣を持つ傾向がある」こと。もう一つは「幸せそのものが身体的にもよい影響を及ぼす」こと。たとえば、私たちの体はストレスがかかるとそれを緩和するコルチゾールというホルモンが分泌されるのですが、慢性的にコルチゾール濃度が高い状態が続くと、高血圧や高血糖になりやすく、免疫力も低下して、酸化ストレスにも弱くなってしまいます。幸せな人は、こうしたリスクも低いわけです。その結果、若さを保ち、加齢を遅らせることができるのだと考えられます。

 では、人はどんなとき幸せを感じるのか。そのことを研究した大規模調査も行われています。ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士によれば、幸せと最も相関関係にあるのは、なんと「睡眠」と「上司」だそうです。この2つは働く女性にとっても切実な問題でしょう。そりの合わない上司を変えることはなかなか難しいけれど、睡眠は自分の努力次第で改善できますから、工夫してごきげん度をアップさせたいものです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
坪田 一男
坪田 一男(つぼた かずお)
慶應義塾大学医学部教授・慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンスラボ代表。1955年東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。ハーバード大学留学、クリニカルフェロー修了。2000年より最先端のアンチエイジング医学を学び、医療界に積極的に導入。現在、日本抗加齢医学会理事長、日本再生医療学会理事、学会誌「アンチエイジング医学」の編集長、慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンスラボ代表などを務める。南青山アイクリニック手術顧問を務め、眼科専門医による安全なレーシック(近視手術)の提供・指導も行う。『ごきげんな人は10年長生きできる』(文藝春秋)など著書多数。http://www.tsubota.ne.jp/
関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ