• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

失恋の傷を癒す特効薬は?

2013年7月2日

第1回 恋愛の名言 ~恋の痛手から立ち直りたいときに~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ちょっと落ち込んだとき、悲しいとき、自分を奮い立たせたいとき……

そっと背中を押してくれる言葉があったらいいですよね。

『コトバのギフト―輝く女性の100名言』の著者・上野陽子さんが

著名人の名言を日替わりで紹介していきます!

あなたを元気にするのは、誰のどんな言葉でしょう?

自分の思いは続いているのに、突然断ち切られたときほどつらいことはありません。そんな傷につけるおクスリとなる名言は……?




失恋につける薬はない、もっと恋する以外には
There is no remedy for love but love more.




ヘンリー・ソロー
Henry David Thoreau


作家・思想家・博物学者(1817年~1862年)
マハトマ・ガンディーのインド独立運動やキング牧師の市民権運動などに思想的影響を与え、ティーパーティー運動の思想的な先駆者とされる。主な作品に「ウォールデン 森の生活」など人間と自然との関係をテーマにしたものが多い。


 失恋の傷は思ったよりも深く、大きく、その人自身にとっては立ち直れないような痛手になることだってあります。人の記憶は、辛かったことよりも楽しかったがことが強く残るとされますから、相手のことはどんどん美化されていき、初めてのデート、優しくしてもらったこと……ふといいところばかりが浮かんでしまうのです。なのに、突然悔しさがこみあげて来たり、この喪失感とやるせなさは、たとえようもありませんよね。

 そんな「つける薬がない」とされる失恋に、唯一の特効薬は「次の恋をすること」。しかも「もっともっと恋すること」なのです。

 そう簡単にふっ切れないなら、一度とことん落ち込んでみれば、あるとき「あれ、何が悲しかったっけ?」くらいに吹っ切れるときがやってきます。次の恋を見つければ、ますますその時期だって早まるもの。

 次の恋はどんな失恋の傷も癒し、その人への思いを越えさせてくれる、成長のクスリでもあるんですよ。

【ひとことサプリ】
出会いを求めて出かけてみよう!
人に会うほどにキレイになれるし、キレイになったら見返しちゃえ!

構成・文/上野陽子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュース、スヌーピーでお馴染み『ピーナッツ』(C.M.シュルツ作)の連載翻訳などを手がける。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)など多数。新刊『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)も大好評発売中!
ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ