• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

肉食系男子を振り向かせるには?

2013年6月12日

肉食系男子は「手に入りそうで入らない距離」でおとす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の登場人物はこちら

――前回まで4回にわたって草食系男子のおとし方について話し合ってきました。今回は、草食系男子と肉食系男子の違い、そして、肉食系男子のおとし方について話し合います。

サチエ  これまで草食系男子について教えてもらってきました。草食系にも、常に「かわいい女の子いないかな」とチェックし、モテたい欲求が強く、「もっといい女が出てきたらいつでも彼女から乗り換える」と思っている、中身はバリバリのセックス至上主義の人たちがいっぱいいることがよくわかりました。

 だけど話を聞けば聞くほど、モテたい欲求の強い草食系男子(ガツガツしないほうが女性にモテると思っているロールキャベツ男子、自信のなさからアプローチできない劣等感男子)と肉食系男子って、実は同じなんじゃないかと思えてきて。

博士  いい質問ですね。「女性にモテたい」「いい女と体の関係を持ちたい」という欲求が強いという意味では、両者ともに本質は同じです。では何が違うのか。一言でいうと、肉食系男子はシンプルで男っぽいんです。

 以前話したロールキャベツ男子は、“セックス至上主義の肉食系男子”とは違って複雑です。複雑になっている理由は、彼らがどのようにして草食系男子になったかと関係しています。このグループの一つの典型は、最初に「俺はモテない」という強いコンプレックスを抱いていました。それゆえにふられるのが怖くて、自ら告白することができず、女性に優しくしたり、夢を語ったりするなどしているうちに、たまたま付き合えてしまった。これが、彼らの女性を落とす方法である「受け身のアプローチ(=自分からは攻めない)」の原点になっています。

 もう一つのグループは、最初のグループと重複していることも多いのですが、女性を仲間とか友達とか思っているために、このアプローチをしているもの。彼らにとって女性にふられるということは、「体の関係を持てる相手を失う」ということだけでなく「友だちを失う」ことになります。それが怖くて、受け身のアプローチをします。

 このように草食系男子は、肉食系男子より失うものが大きく、大きな賭けに出られず、アプローチをしたいのに受け身になるという複雑な方法になっているのです。

 これに対して肉食系男子は、「いいな」と思った女性に対して、恐れずガンガン攻めていきます。これは方法としてはとても単純です。肉食系男子は、「俺なんてどうせモテない」という劣等感を抱く機会がなかったり、女性を「体の関係を持てる相手」としか思っていなかったりするので、失うことに強くリスクを感じません。だから、簡単な方法を素直に行っているのです。

ミホ  肉食系男子ってホントに押せ押せですよね。

博士  そうです。狙った女性に対して押せ押せでアプローチして相手にされなくても、「考えられない」とふられても、めげません。逆に「ここからがスタート」とばかりに、さらに押せ押せで、なんとか手に入れようとアタックします。「俺はお前が好きなんだ」とか「愛してる」とか、バンバン言うこともあるでしょう。

マキ  基本的に、男性的でオスっぽい人たちですよね。

博士  そうですね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ