• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

雨の日が恋しくなるレインブーツ

2013年6月8日

雨の日ばかりじゃない!レインブーツの活躍場面

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ILSE JACOBSEN HORNBAk

 気分までどんよりしがちな雨の日には、鮮やかな色をまとって自分からモチベーションを上げていこう。近頃のレインアイテムは機能性に優れている上、おしゃれのムードメーカーになってくれるタイプが多い。有名人やファッショニスタにも愛用者の多い北欧発の「イルセ ヤコブセン ホーンバック」のラインアップをヒントに、マインドも見栄えも沈まない雨の日ルックを見付けてみて。

◆「ILSE JACOBSEN HORNBAk(イルセ ヤコブセン ホーンバック)」
RUB15 レースアップ ハーフ 21,000円
RUB33 ショートブーツ 本体ブラック ソール色違い 17,850円

 雨の日に気分が滅入りがちになるのは、何と言っても足元が気になるから。濡れた地面が気になって、靴でおしゃれがしにくく、ネガティブな着こなしが靴から始まってしまう。「雨に強い手持ちの靴はあれとこれしかない……」と、着こなしの梅雨ルックをトーンダウンさせる。

 でも、雨靴がおしゃれだったら、話が変わってくる。梅雨コーディネートを根本的にレベルアップさせる最重要ポイントは「靴」。そこで見直したいのがレインブーツ。今では立派なおしゃれパーツに昇格し、装いを彩るカラフルなモデルが増えてきた。レインブーツは種類が豊富になり、コーデの主役を任せられるまでになっている。

 北欧発のブランド「ILSE JACOBSEN HORNBAk(イルセ ヤコブセン ホーンバック)」の場合、編み上げ(レースアップ)のロングブーツやマニッシュなエンジニア風など様々なタイプを用意している。色はインパクトのあるネオンイエローやオフィスルックになじむベージュなど、選択肢が多い。見栄えもクロコダイル型押しやカムフラージュ模様などがラインアップに加わり、コーデの幅が広がった。丈は定番のロングのほか、セミロング丈、ショート丈が選べるから、普段使いもしやすい。

ILSE JACOBSEN HORNBAk

 1993年にデンマークの女性デザイナー、イルセ・ヤコブセン氏が立ち上げたブランドで、シューズやウエア、ファッション雑貨などが展開され、気候の厳しい北欧育ちだけあって、レインアイテムには定評がある。「ホーンバック」は最初のショップを開いた地名だ。靴からスタートして、今ではゴム引きのレインコートをはじめとするウエア、傘などの雑貨類も手掛けている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ