• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美しい人の立ち居振る舞い講座

玄関先で靴を脱ぐときの“正しい”作法

2013年6月7日

勘違いマナーで靴を脱いでいませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

家を訪問するということは、靴を脱ぐことが前提であることを忘れてはならない。

靴を脱ぐという動作は気を抜くとぎこちなくなるので、

美しい靴の脱ぎ方を習得しておけば、玄関先であわてずに済む。

 まず、玄関先では正式なあいさつでなくてもよい。正式なあいさつは部屋へ通されてから行うのがルールだ。

 玄関に入りドアを閉めるときは、斜め後ろを振り返るような感じで、そっと閉めることを心掛けよう。

 家を訪問するということは、靴を脱ぐことが前提。脱いだり履いたりするのに手間がかかるデザインの靴やブーツで行くことは避けるのも、玄関先で戸惑わないためには賢い選択だ。

パンプスの場合

後ろを向いて脱ぐのは勘違いマナー

 脱いだ後の靴が揃っているので一見丁寧な感じがするけれど、実は反対。相手にお尻を向けることが失礼にあたるのだ。さらに、一度に二つの動きを行うのもタブー。

さりげないひと言が好印象につながる

 前向きのまま靴を脱ぎ、スリッパに足を通す。このとき「おじゃまします」「失礼します」などと、ひと言添えると感じがいい。

真っすぐ前を向いて
靴を脱ぐ
立つ場所はスリッパの正面が基本の位置

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ