• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事で差が付くマナー&女子力アップ術

困った相手との会話術【社外の相手】

2013年6月13日

難しい場面はこのフレーズで乗り切ろう!【社外の相手】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

社会人としての自覚がない後輩に、言うことがコロコロ変わる上司、接待の場でセクハラ気味の取引先…。

そんな「困った」相手に上手に対抗する「女子力」たっぷりのフレーズを教えてもらいました。

社外の仕事相手への“女子力”フレーズ!

◆“いつも話が長い取引先。
次のアポが迫っている…長々と続く世間話をカットしたい”

(相手が息継ぎした瞬間に)そうなんですね! とても面白いお話でした。続きは次に聞かせてください
話が長い取引先。そろそろ話を打ち切りたいと思ったときは…

「話しているときは息を吐いている状態。相手が息継ぎする瞬間に、すかさず『そうなんですね!』と合いの手を入れ、話をカット。その後、次の予定があることを伝え、『続きは今度』と結ぶと相手も気分を害しません」(大畠さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ