• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事が早くなるエクセル術

グラフは「使い回しワザ」でスピードアップ

2013年5月23日

一度作ったグラフはフル活用する!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回は、グラフを一から作り直しせず、少しの手間で手直しする方法を紹介します。作り終わったところで新しいデータが追加されてしまったときの方法と、苦労して装飾して作ったグラフをいくつも作りたいときの方法です。

ケース1
最新データが追加されたとき
図1 グラフを作り終えた後に最新データが入手できた─。この場合、グラフを作り直すしかないのだろうか。

 苦労してグラフを作り終えた後で、「最新のデータが手に入った」と言われた……。一から作り直すのは相当面倒ですね(図1)。

 しかし、元の表にデータが数行追加された程度なら、簡単にグラフに反映できます。追加されたデータを選択して、その枠をグラフにドラッグすればよいのです(図2、図3)。

 データを削除するときは、グラフを選択したときに元の表に表示される青い枠をドラッグして、削除したいデータをグラフの対象から外します(図4)。ただし、項目を選択して「Delete」キーを押しても、うまくいかないことが多いので注意してください。

マウスだけで項目を追加・削除
図2 新しい項目やデータをグラフに追加するには、元の表で追加したいデータの範囲を選択し(1)、その外枠をグラフ内にドラッグ(2)。[注]。

[注]
2007以降にはこの機能がないので、図3のようにグラフを選択して青い枠を表示し、追加したいデータが入るように右隅を右側にドラッグする。または、新しいデータのセルを選択して「コピー」してから、グラフを選択して「貼り付け」してもよい

図3 棒が1本追加された。不要になった「2007年」のグラフを削除するには、クリックしてグラフ全体を選択し(1)、表に現れた青枠の左上隅をドラッグして、2007年のデータを外す(2)。
図4 2007年のデータがグラフの対象外になり、表示されなくなった。「Delete」キーではうまく削除できないので注意しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ