• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ケチとおしゃれ&費用の割合

2013年5月28日

限られた予算で装いを楽しむには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ブログ「ケチケチ贅沢日記」をご存じですか? 節約と上質な暮らしを両立させるヒントが支持を集め、月間100万PVと好評を博しています。運営するのは、FPの資格を持ち「派遣ときどき専業主婦」というmuccoさん。お財布の中身が気になるけれど、お洒落も我慢せずに楽しみたい──。そんな日経ウーマンオンライン読者に向けて、muccoさん初の著書『ケチケチ贅沢主義』からアドバイスを6回に渡ってお届けします。

自分目線で選んだモノはトレンドに関係なく重宝します。

 おしゃれに夢中だった20代の初め、休みとなると大好きな雑誌で取り上げられていたブランドやショップへ走り、買い物ばかりしていました。社会人になり自分で使えるお金がぐんと増え、田舎で指をくわえ眺めているしかなかったモノが、電車にひょいっと乗ればすぐ買いに行けるのです。

 「雑誌に載っていた○○の△□が欲しい。みんなより早く」

 自分に似合うかどうかなんておかまいなし。いや、そんなことすら考えていなかったでしょう。要するに田舎者が浮かれていたわけです。

 ところが、というか、やはり、というか。買った時はあんなにうれしかったモノたちが、とたんにつまらなく、色あせて見えてきます。なぜなのでしょう。答はすぐに出ました。

 モノが悪いのではなく、私の選び方やお金の使い方が間違っていたのです。自分が本当に好きで欲しくて選んだもの、似合うものではないからコーディネートがしっくりこない、当然着なくなる、使わなくなる、だからつまらない。学生時代、アルバイト代をやりくりしながらあれこれ考えて似合うものを探し、コーディネートしていたころのほうが自分にとっては楽しかったし、モノもお金も大切にしていました。

 そして気がついたこと。「買うだけだったらお金とモノさえあれば誰でもできる」。それから漠然とですが、自分にとって楽しいお金の使い方は何かを考えるようになり、結婚して経済的自由という目標を掲げてからは、お金の使い方について強く意識して考えるようになりました。

 時にはローンを組んででも、お金を払えば大抵のモノが簡単に手に入る世の中。だからこそ、より一層お金の使い方を考え、今とこれから、ちょっと先の自分に合ったモノを選び、あれこれ工夫して着る、使う。それが自分なりの楽しみ方だとわかったとき、何よりもうれしかったのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
mucco
mucco
ブログ「ケチケチ贅沢日記」運営。2007年8月にスタートした「ケチケチ贅沢日記」は月間100万PVを誇る人気ブログに。東北地方の短大を卒業後、東京で服飾雑貨の販売とVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)に従事。学生時代から好きだった英語を生かそうと雑誌翻訳業を目指しながら働いた外資系企業で、経済的自由と多様性の大切さを知る。AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ