• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

生活にメリハリをつける方法

2013年5月20日

「5日サイクル」が基本。禅の生活の智慧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今日は20日です。5と10がつく日を「ごとおび」と呼びますが、この日に決済を行う会社の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 少し前に4と9がつく日の、修行道場の過ごし方についてお話ししたことがありますが(禅僧の“ゴールデンウイーク”)、禅の道場では、昔から、5日が一つのサイクルとなっています。現在では少し形態が変わっておりますが、鎌倉時代、禅が日本に伝えられた頃の風習でいうと、大体次のように5日のサイクルを理解することができます。

 例として、「5日」を基準に考えてみましょう。

群馬県安中市雲門寺「上堂」の様子(写真提供:雲門寺)

(1)5日には、「上堂(じょうどう)」と言って、修行僧たちに対する説法が、指導的な立場の僧侶によってなされます。

(2)そして、「上堂」を受けて、次の日(6日)に、修行僧たちは、わからないことなどについて指導僧に教えを乞い、指導僧による説法がなされます。これを「請益(しんえき)」と言います。

(3)これらのプロセスを経ながら修行僧はそれぞれ思考をめぐらし、禅に対する理解を深め、7日に指導僧の部屋に赴き、個別に境涯を述べるなどして、指導僧から直接指導を受けます。これを「入室(にっしつ)」と言います。

(4)翌日(8日)には、「念誦(ねんじゅ)」と言って、修行僧が集まり、修行の無事を祈る儀式が行われます。

(5)また、その翌日(9日)は、いつもの日より、坐禅の回数が少なかったり、行事が少ない「放参(ほうさん)」という日で、髪の毛を剃ったり身の回りを調えたりすることが多いです。

 そして、その次の日(10日)は身も心もすっきりした状態で、再び「上堂」が行われる、といったサイクルになります。

 ところで、会社員の方を対象にした坐禅会の際に、この「5日サイクル」(5日ごとに上堂があるので「五参上堂」と呼びます)のことをお話しすると、ある方がとても関心を示されたことがあります。その方は日々の生活が単調でメリハリがないことに悩まれていたようです。

 毎日に意味づけを行い、単調になりがちは修行生活にリズムをつけようとするのは、今から1000年以上前から伝わる「禅の生活の智慧」と言って良いかもしれません。正しく身を調え、物事を正しく観察する、そのための生活習慣作り…。禅の精神はこんなところにも表れているのでしょう。

(関水博道)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
曹洞宗の研究機関で活躍する若手・中堅僧侶4人。
宇野全智(うの・ぜんち)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。山形県大石田町地福寺副住職
上月泰龍(こうづき・たいりゅう)/ 曹洞宗総合研究センター教化研修部門研究生。三重県鈴鹿市泰応寺副住職
菅原研州(すがわら・けんしゅう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。宮城県栗原市城国寺副住職
関水博道(せきみず・はくどう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。神奈川県横浜市東泉寺副住職

*4人の詳しいプロフィールは⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ