• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事が早くなるエクセル術

自動変換機能、ときにはおせっかい

2013年5月9日

「文字列」と指定すればOK

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 エクセルにはユーザーの意図を酌み取って入力を支援する機能が備わっています。例えば「6/1」と入力すると「6月1日」になるのもその恩恵。ですが、この支援機能が逆効果となって思い通りに入力できず、戸惑うこともあります(図1)。「2-3」を「2月3日」だと誤って判断されるようなケースです。

記号や欧文の大文字が勝手に変化
図1 あるパターンの英数記号や大文字/小文字が勝手に変わるのは、エクセルでは有名な話。回避策を覚えておこう。

文字列だから支援不要と
事前に伝えてから入力する

 誤った判断を未然に防ぐには、「これから入力するデータは文字列なので余計な判断は不要。勝手に変更しないでそのまま入力・表示して」とエクセルに伝えておくとよい。

 これは「セルの書式設定」で「表示形式」を「文字列」にすることで指定できる(図2~図4)。このほか、データの先頭に半角の「'」を付けても文字列扱いにできる(図5)。

「 文字列」だと教えてあげるのが一番
図2 セル範囲を選択して右クリックし(1)、「セルの書式設定」を選ぶ(2)。
図3 「表示形式」タブで「文字列」を選んで「OK」をクリックする。
図4 この後に入力するデータは文字列扱いになり、そのまま表示される。
「'」を付ければ文字列扱い
図5 半角の「'」に続けて入力したデータは文字列扱いとなり、そのまま表示される。「'」自身はセルには表示されないが、数式バーで確認、編集できる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ