• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子の「母の日スペシャル」2013

働き女子vs母親、最も多いケンカネタは?

2013年5月9日

働き女子と母のケンカネタ。3位は恋愛.結婚、2位は母の性格、1位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 娘と母の関係は成長とともに変わるものだが、社会人として働くようになっても、親子という遠慮のない関係だからこそ、つい本音をぶちまけてしまう、ケンカをしてしまう、という働き女子も少なくない。母の日を前に、働き女子と母との関係性やケンカ事情を探ってみた。

<調査概要>
アンケートは、2013年4月17日~4月25日の間、女性を対象に日経ウーマンオンライン上で実施。回答者は133人。20~24歳9.2%、25~29歳17.6%、30~34歳16.8%、35~39歳29.0%、40~44歳9.2%、45~49歳11.5%、50歳以上6.7%。既婚41.2%、未婚56.5%、無回答2.3%。
あなたと実母との関係について教えてください。(%)

 実母との関係についてたずねたところ、「とてもうまくいっている」(39.7%)、「まあまあうまくいっている」(38.9%)と、うまくいっていると感じている働き女子は78.6%に上った。大半の人はうまくいっていると感じているようだが、一方で、「うまくいっていない」と感じている女子も10.6%いた。また、うまくいっている人の中でも、時々は「うまくいかない」と思うことはあるようで、「実母と『うまくいかない』と思うことが少しでもあれば、それはどんなことですか?」という自由回答の問いに回答した人は41.2%に上った。働き女子はどんな点で実母とうまくいかないと感じているのか。その理由を探ってみると…。

 最も多かったうまくいかない理由は、人の話を聞かない、いつも同じ話をするなど、「母の性格」によるという意見だ。

●「たまにこちらが話し終わらないうちに話に割り込んでくる」(年齢不明、正社員)
●「父を優先する母なので、例え常識的に間違ったことを父が言っていても、『従いなさい』と、言われること。それに反抗しても全く聞き入れてもらえないこと。むしろ、反抗することで母の機嫌が悪くなること」(30~34歳、正社員)
●「会うたびに同じ話をされるので疲れる」(35~39歳、自営業)
●「実家に住んでいるため、年に2回くらい突然機嫌が悪くなるときがあり、びっくりする」(25~29歳、フリーランス)
●「頼りすぎると嫌がられ、距離を置きすぎると弱々しいことを言ってくるので、絶妙な距離感保つのが難しい…」(35~39歳、パート・アルバイト)
●「他人の欠点を見つけるのが得意なので、帰省すると悪口や愚痴を延々と聞かされる。少し気に入らないことがあるとわめく。私と父が仲良く話していると、『高卒だからって母親をばかにしている!』とわめく。とにかく自分に自信がなく自己肯定ができない母なので、かかわるのは最小限にしたい」(30~34歳、派遣社員)

 昔から自分よりほかの兄弟を可愛がっていたなど、子供のころからのトラウマなどで、母親と距離を感じている人も少なくなかった。

●「妹や弟ばかりかわいがっていて、長女の私には厳しい」(20~24歳、正社員)
●「兄ばかり可愛がって、全く私のことは省みてくれなかった。98点のテストを持って帰っても、ほめてもらえず『何であと2点が取れないの』と責められた。母から『可愛い』と言われたこともないので、人から褒められても全然実感が湧かない。今ではかかわり合うのが嫌で縁を切ってしまった。もう15年くらい会っていないし連絡も取っていない」(35~39歳、正社員)
●「子供のころ、兄と従兄弟(男)にからかわれ、嫌だったので母に助けを求めたが、母にも面白がってからかわれた。いまだに、母には私の気持ちはわかってもらえないという刷り込みのようなものがある」(年齢不明、契約社員)

 年代別に見ると、30代の意見が多く集まったのが「性格の不一致」だ。

●「あまり性格が合わないので、気を使って疲れる。仲が悪いわけではないが、お互い深くは干渉しないし、近所に住んでいてもあまり会わない」(30~34歳、パート・アルバイト)
●「考え方が合わない。とにかく言動が気に触る」(35~39歳、正社員)
●「自分の価値観で、私たち家族のことまで構うので、かなり疲れる」(35~39歳、正社員)
●「あまり性格が合わないので、気を使って疲れる」(30~34歳、パート・アルバイト)

 また、必要以上に干渉されてうんざりするという声は20代に多く見られた。

●「過干渉がひどい。こちらの意見を聞いてくれない」(25~29歳、フリーランス)
●「過干渉なところ、過保護なところがある」(25~29歳、自営業)

 しかし、40代になっても干渉されると嘆く声も。

●「母にとって娘はいくつになっても子供。世話を焼いてくれます。ありがたいことですが…。とても気を使う人なので、こちらも気を使ってしまいます」(40~44歳、自営業)

 母親の性格、性格の不一致、過干渉…。普段の生活で力になってもらっていることも多い実母だけに、邪険にもできず、気を使う女子が多い様子が伺えた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ