• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子の「ゴールデンウィーク」2013

参拝者必見!伊勢、出雲ゆかりの神社

2013年4月26日

伊勢神宮、出雲大社から足を延ばして参拝したい、ゆかりの神社

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 道開きの神、荒ぶる神――伊勢エリア、出雲エリアには、天照大御神や大国主大神にゆかりの深い、個性豊かな神々を祀った神社が点在している。神々のパワーが息づくこの地域を、神話の世界に身を委ねながら参拝したい。

道開きの神にあやかる
伊勢神宮ゆかりの神社

初めの一歩を良いほうへ導く
猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
TEL:0596・22・2554

 主祭神に猿田彦大神(サルタヒコオオカミ)、相殿神に大田命(オオタノミコト)を祀る。猿田彦大神は、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を天上から地上へと道案内し、高千穂に導いた後、伊勢の宇治を本拠として広く国土の開拓を指導した。猿田彦大神の子孫の大田命は、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が神宮鎮座の地を求めて諸国を巡歴した際に、五十鈴川の川上にある土地を献上し、神宮の創建に尽くしたとされる。

 このことから猿田彦大神と大田命は、土地の神様として、また「初めの一歩」を開き、よい方向へと導く道開きの神として崇敬を集めている。方位除けや開業、開運の祈願で多くの参拝者が訪れる同社は、本殿の鰹木(かつおぎ)・欄干など至るところが、方位を示す八角で方位除けの御神徳を仰ぐ造りだ。

 なお、直系子孫は、宇治土公(うじのつちぎみ)と称し、代々「玉串大内人(たまくしおおうちんど)」という神宮の特殊な職掌を任ぜられてきた。現在もその宇治土公(うじとこ)家が宮司を務める、伊勢神宮との緑も深い神社だ。

伊勢参拝前に二見で浜参宮を
二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)
三重県伊勢市二見町江575
TEL:0596・43・2020

 夫婦岩の沖合には、猿田彦大神ゆかりの霊石・興玉神石(おきたましんせき)があり、二見浦は神の国から寄せる波が届く聖なる浜とされてきた。このため古来、伊勢神宮への参宮前には二見浦で禊(みそぎ)をする浜参宮が習わしだ。今も、お白石持行事など神宮の神事に参加する者は、まずこの禊場で身を清め穢(けが)れを祓っている。また海に入って禊をする代わりに、神石から採取した無垢塩草(むくしおくさ)を幣(ぬさ)にした、お祓いを受けることもできる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ