• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

実は知らない!「晴れ」「曇り」の見極め方

2013年4月25日

空の8割を雲が覆っている場合はどちら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 普段の通勤日なら、雨さえ降らなければ晴れでも曇りでも構わなくても、休みの日は「曇りよりも晴れてほしい」と思う人が多いことでしょう。

 特に行楽なら、晴れと曇りではテンションの高さも違ってきますよね。

 では、「晴れ」と「曇り」の境目はどの段階にあるでしょうか?

 1.空に雲がほとんどない場合だけが「晴れ」。
 2.雲が空の半分以下なら「晴れ」。
 3.雲が空の8割くらいまででも「晴れ」。

 この問題を出すと、多くの人が「2」と答えがちですが、正解は「3」です。

 気象庁では「空全体を雲が占める割合=雲量」で天気を判別しています。空のあちらこちらに広がっている雲を寄せ集めたとして、それが全天のどのくらいの量になるかをみるのです。

 日本の雲量は0から10までの11段階に分けられています(国際的には0から8まで)。雲量が0~1なら「快晴」、雲量が2~8は「晴れ」、雲量が9~10は「曇り」です。一般的に「雲が8割・青空2割」なら曇りかと考えると思いますが、晴れの幅は一般の感覚よりもずいぶん広いんです。

 また、「曇り」もさらに、「曇り」と「薄曇り」に分けられています。地上から空高いところまでを下層・中層・上層の3段階に分けて、どの階層の雲が多いかによって判断します。

 曇りの定義は「雲量が9以上であって、中・下層の雲が上層の雲より多い場合」、薄曇りは「上層の雲が中・下層の雲よりも多い場合で、薄い雲を通して地物の影が出来ることが多く、予報では“晴れ”として扱う」となっています。

上層に広がる薄い雲が空いっぱいに広がっているが、うっすらと太陽が見える。この場合、地面には影が出来るので「薄曇り」となり、天気予報では「晴れ」に含まれる

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ