• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1日にこなせる最大のタスク数は?

2013年4月25日

やる気がないと、こなせるタスクの数は減る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この画面にピンとくるでしょうか?

 こちらはOmnifocusという、ややマニアックな人の間では熱狂的に支持されているタスク管理ツールです。その「バージョン2」が近々デビューするというので、話題になっているのです。

OmniFocus2の発表があったので、変更点についてまとめてみました
InfoBacker:http://digitalnetcreate.com/blog/mac/omnifocus2/

 私が注目したのは、画面左下の数字です。赤やオレンジに白抜きの数字が見えますね。全体としてグレー調の画面にあって、ここだけ妙に目立っています。Omnifocus2としては大事な情報だということでしょう。

 この数字は実は、「今日」「明日」「明後日」など特定の日に「やるべきタスクの数」を示しているのです。

●タスク数という情報は使えるだろうか?

 私は以前、この種の情報提示にやや懐疑的でした。というのも、1日にこなすべきタスクの「数」が分かったからといって、それだけでは忙しさや大変さがよく分からないと思ったからです。

 極端なことを言いますと、タスクが仮に100あったとしても、その全てが簡単ですぐ済む用事ばかりなら、どうってことはありません。しかしタスク数は3つでも、1つがプレゼンの準備で、残りが書籍の原稿書きだとなると、ものすごく大変かもしれません。

 私自身は、タスクごとにかかる時間を見積もり、その合計時間を1日ごとに算出する方法をとっています。これなら、1日の仕事の総時間数が10時間か、それとも3時間かで、1日の大変さが分かると思うのです。

 ただ、全てのタスクの見積もり時間を割り出すというのは、なれない人には大変に思えるでしょうし、それがうまくできるツールもタスク管理ツール・TaskChute2 (C)くらいしか見あたらないのが現状です。この方法をとらない人には、「1日あたりのタスク数」という情報をもって1日の大変さを調整するのも、いいかもしれません。

 そう考えてみたとき、幸いにもTaskchuteでも「1日後とのタスク数」を簡単に目に見えるような機能が付きました。そこで「タスク数」という情報について色々見直してみたのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ