• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自信がない人がつい言ってしまう口グセ

2013年4月24日

「否定」をやめたら、人間関係にも仕事にも自信がついた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。メンタルトレーナーの森川です。今回は、「でも…」「いや…」など会話に否定から入る口グセを持っている人についてお話しします。

     *       *       *       *       *

 みち子さんは、旅行会社で働く32歳の女性です。同僚や友達は、みち子さんと話した後にモヤモヤして不快な気持ちになります。何が原因で皆を不快にさせているかというと「でも…」「いや…」という、みち子さんの口グセからくるものだったのです。

まず、「でも…」「いや…」から会話に入るみち子さん

同僚 「来週のプレゼンの資料、こっちのカラフルな方使ったほうが良くない?」
みち子さん 「でも、それだと派手過ぎない?今のままの方がいいよ」

友達 「まい子って、甘えたりするの?」
みち子 「いや、それよりも温泉でゆっくりしようよ」


 このように、みち子さんとの会話では、いつも否定ばかりされてしまうのです。

 最近、そのことにイライラを募らせた同僚に「みち子と話してると否定ばっかりされるから疲れる。みんな言ってるよ」と言われました。今まで意識してなかったけど、確かに相手の言うことを「でも…」「いや…」と否定して会話をしていると思い当たりました。そのことで、まさか周りの人にそんなに不快な思いをさせていたなんて夢にも思っていませんでした。

 相手のことを否定して会話をする口グセは、自分ができないことを受け入れられない人によく見られる傾向です。無意識に自分の価値を守ろうとしている時に、口をついて出ます。

 みち子さんは、目標は高く設定するべきという価値観を持っていて、いつも目標を達成できない自分に自信を失ってしました。その結果、別のところで自信を得ようとしていました。つまり、対人関係で相手の言うことを否定し、自分の意見で納得させ、相手より上の立場でコミュニケーションをとることで、必死に自信を得ようとしていたのです。

 相手の言っていることが自分の価値観と違うと、自分が否定されている気分になり、相手を負かして自分が正しいことを証明したくなってしまうのです。

 無意識に自分の満たされない欲求ばかりに意識が向き、仕事を成功させることよりも、自分の満たされていない欲求を満たす一つの手段として仕事を使います。みち子さんにとって、相手を否定する会話は自分の欲求を満たすための行為だったのです。

 みち子さんは、自分に自信が持てない裏返しで、いつも人の上に立つコミュニケーションのクセを身につけてしまいました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
森川陽太郎
森川陽太郎
メンタルトレーナー、リコレクト代表取締役。1981年東京生まれ。元サッカー選手。スペインやイタリアでプレー。その後、心理学やメンタルトレーニングを学び、現在の会社を設立。「OKラインメソッド」という独自のトレーニング方法を展開し、なでしこリーグなどのスポーツ選手をサポートするほか、2013ミス・ユニバース・ジャパンのオフィシャルトレーナーとして活動。大手企業の社員研修も多く担当している。著書に「ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則」(かんき出版)など。ブログ⇒http://ameblo.jp/youtarou-morikawa/
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ