• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

巡り巡って津田塾出身者に落ち着きました。

2013年4月22日

「独身の一橋男性を売る」ビジネスを準備中の友人がいます。(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ※前編は⇒こちら

<今週のボク様>
年齢:31歳
仕事:大手メーカーの経営企画部
年収:600万円
学歴:一橋大卒
家族構成:妻

ビズカレッジの連載「ロスジェネの叫び!」で、2009年5月26日「同世代の女性の意識と能力が低すぎるんです」に登場

 「仕事や思想的なことを深く話せる相手と30歳までに結婚したい」と公言している大企業正社員の椎名。派手さはないが安定感はある社名と学歴(一橋大学)を生かして、20代後半における婚活市場でモテ期を経験したようだ。そして、29歳の冬に一人の女性と付き合い始めた。

大宮(以下、O) どんな女性なの?

椎名(以下、S) 慶応出身で6歳下の美人でした。

O 学歴、年齢、容姿という紹介順がリアルだね(笑)。すでに過去形なのも気になる。

S 前回の反省を生かしたつもりでした。学歴によって会話や意識のレベルが異なる傾向はやはりあると思います。このときは自分に近い学(校)歴の女性を選びました。

O なるほど。で、どうだったの?

S 話はとても合いました。だから、付き合い始めたんです。生い立ちが違いすぎましたけどね。

O どういうこと?

S 彼女は中高一貫の私立校出身で、東京生まれの東京育ち。中小企業を経営している父親のコネで入った会社でゆるく働いています。「労働は嫌い」だとはっきり言っていました。

O 労働は嫌い。…一度言ってみたいセリフだよ(笑)。

S 僕は地方のサラリーマン家庭で育ち、受験勉強でも会社の仕事でも苦労してきたつもりです。彼女とは階級が違うな、と感じましたね。

O また別れを切り出したの?

S いえ、今度は向うから「別れようか」と言われました。2011年夏のことです。東日本大震災の後、彼女は親から「放射能が危ないから外に出るな」と言われていました。僕だって怖いけれど、仕事があるのでそんなことを言っていられません。マスクをして、毎日通勤しました。彼女とは会えない日が続いていたので、フラれたときもショックではありませんでしたね。

O そうか。その女性とは結婚しても続かないかもね。最近はどう?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
大宮 冬洋(おおみや・とうよう) フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』『プレジデント』『きょうの料理ビギナーズ』『dancyu』などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(共に共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉』『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(共にぱる出版)がある。日々の楽しみは食べること。食生活ブログをほぼ毎日更新中。毎月第3水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ