• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

円の定期貯金オンリーは大きなリスク!?

2013年4月26日

外貨投資に挑戦するなら分散して持つことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

メーカーで事務職をしている既婚女子のX子さん。前回は株式投資について内藤忍さんに話を聞きましたが、

周囲の影響で外貨投資にも興味が出てきているようです。

X子さん(以下、敬称略):銀行で定期貯金をしているのですが、金利は少ないですし、あんまり殖えている実感がありません。何かいい方法はないでしょうか。

内藤さん(以下、敬称略):多くの日本人は“円”だけを何となく貯金していますが、これはとてもリスクがあることなんです。これまでの日本はデフレだったので、物価が上がりませんでしたよね。

X子:はい。牛丼の値段が安くなったり、100円でハンバーガーが食べられるとか……。

内藤:でもインフレになったらどうでしょう。例えば、円安になれば、輸入している原材料の値段が上がります。輸入牛肉の値段が上がれば、牛丼もハンバーガーもこれまでのように安く手に入らないかもしれません。

X子:海外のブランド品も、これまでの価格では買えなくなるんですね。

内藤:そうです。もし100万円もっていても、物価が倍になれば同じ100万円でも価値は半分になってしまいます……、そこまで極端ではなくても、インフレが来るとそういうことが起こりえます。

 円の定期預金を元本保証されているから安心だと思っている人がいますが、円自体の価値が下がるならば意味がありません。どうすればいいかと言うと、円だけではなく、様々な国の外貨を分散して持つしかありません。

X子:外貨ですか……。今度、新婚旅行でヨーロッパとハワイに行こうと思っているので、ユーロと米ドルの為替が気になって、よくチェックしています。(笑)為替が安い時を狙って両替をしたいのですが、なかなかタイミングが難しいですよね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
内藤 忍
内藤 忍(ないとう しのぶ)
株式会社資産デザイン研究所代表取締役社長、一般社団法人海外資産運用教育協会
信託銀行、運用会社でのファンドマネジャー業務を経て、99年マネックス証券、2005年マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。クレディ・スイス証券プライベートバンキング本部ディレクターを経て、2013年から現職。『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)など著書多数。セミナー講師としても人気で、早稲田大学エクステンションセンターや丸の内朝大学などで講座を持っている。 個人ブログ「SHINOBY'S WORLD」/ツイッターアカウント
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ