• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

長引く片思いの終わらせ方

2013年4月10日

「この人をわかってあげられるのは、私だけ」などと思ってませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の課題図書と登場人物はこちら

――――今回は『an・an(アン・アン)2013年1/23号』の『大人の片思い 叶える方法あります』特集を参考に、片思いについて話し合っていきます。

ミホ  片思いって、長引いてしまうんですよね。私は付き合っていた彼にフラレたあと、その元彼に2年間片思いをしてたんです。その元彼が、新しくできた彼女に振られたときも親身になって慰めてあげました。彼からは、「お前と付き合うことはできない」とキッパリ言われていたにもかかわらず、「この人のことを本当にわかってあげられるのは、私しかいない」と、彼から離れられませんでした。

ヒロミ  わかります。「私しかわかってあげられない」という気持ち。でも、どうしてここまで思い詰めてしまうんでしょうね。

博士  そう思うことには、理由があります。女性は、付き合う相手を選ぶ段階ではかなり慎重になるものです。男性が性的欲求に突き動かされて女性と体の関係を持つのと比べると、女性は「この人は信頼できるのか」「自分のことを大切にしてくれるのか」「センスや問題解決能力はちゃんとあるのか」など、慎重に相手を見ていますよね。生物学的な視点でいえば、女性は妊娠、出産、子育てのリスクがあるからでしょう。そのためにこの期間、外敵から守ってくれ、きちんとごはんを運んできてくれ、ほかの女性にちょっかいを出さずに一緒にいてくれる男性かどうかを、慎重に選ぶようにできているんですね。

 代わりに、「この人だ!」と選んだ瞬間に、その男性一筋になります。というのも、相手を選んだら、今度は、その男性の子供を妊娠するリスクを負う。その男性との子供を育ててくれるのは、その男性しかいません。従って女性は、選んだ相手には強く執着するモードに切り替わるのだと思います。そのモードに切り替わった女性は、自分が決めた男性の役に立ちたいと思うようになります。その男性のことを理解したいと思うし、その男性を支えたいと思います。また、その男性に立派になってほしいと思ったり、その男性と2人で色々な困難を乗り越えたいと思うようになるのです。片思いですら、自分が決めた相手には、そう思ってしまうのです。

 「この人に託す」と決めた相手を、「やっぱりこの人ではない」と手放すのは、1.相手の男性に著しくサバイバルスキルやケアスキルがないと思ったときか、2.新しく現れた男性に上書きされるときだけです。寂しさを紛らわすために他の男性で代替したり、本命の男性では得られない良さ、たとえば面白さやお金などを他の男性に求めたりする女性もいますが、そのような女性たちでさえ、本命の男性、つまり「この人」と思った相手は特別で、手放したいと思うのは、先程述べた1.2.の場合だけです。

 だから、女性は男性に「付き合えない」と言われているにもかかわらず、「この人をわかってあげられるのは私しかいない」とまで、思い込んでしまうのです。

ミホ  片思いの彼に「この人をわかってあげられるのは、私しかいない」と思ってしまうと、どんどん負のスパイラルに陥ってしまうんですよね。彼に大変そうなことが起こるたびに親身になって話を聞き、励まし、「やっぱり私しか、わかってあげられないんだ」という気持ちを自分の中でどんどん積み上げてしまう。「なんなら、私があなたの母になるわ」くらいの勢いで。そして、片思いから抜けられなくなる。

博士  けれど、「私しかわかってあげられない」という思いは、幻想でしかありません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ