• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

完璧主義的なグズ人間には「失敗」が必要

2013年4月11日

ずれてしまった「合格ライン」を是正する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このテーマは実は以前にも取り上げたことがあります。

 「最低限しなければならないこと」の見極め方:日経ウーマンオンライン【自分が変わる! 生活が変わる習慣心理学】

 ですがもう一度取り上げなければと思うようになりました。このタイプの人が「実際にいる」ことはもちろん知っていましたが、セミナーや個人的なやりとりを通じて、私が思っていたより多いということが分かってきたからです。とくに意外と女性に多いような印象です。(単に男性が自分を隠しているだけかもしれませんが)。

 完璧主義者が、物事を全て、完璧にしたいと思うあまり、いつになっても仕事が仕上がらない。ということはよくあることです。完璧主義という問題を抱えている人が真っ先にするべきことは「完璧主義をやめること」です。完璧主義の人はたいてい、病気にでもなって本当に困ったことになるまでは、問題を解決しようと必死になってはいますが、自分の完璧主義をやめなければならないとは思っていないものです。

 完璧主義の人はたいてい、次のような思い込みにとらわれていて、それが問題を引き起こしているとは気づいていません。

1 自分の求めているラインなど「完璧にはほど遠い」もので、理想はもっとうんと高いはず。自分が求めるのはむしろ「最低ライン」なのだから、これくらいクリアできないようでは仕事をしたとは言えない

2 自分の求める「最低ライン」をもっと早く効率よくクリアする方法はあるはず

 多くの人は完璧主義的な人を見て「やり過ぎているし手の抜きどころが分かっていないし、融通が利かない」と思っています。だからその点を指摘する人もあるでしょう。しかしそういうアドバイスは無視されるものです。なぜなら「1」のように思い込んでいる人にしてみれば「仕事に完璧を求めなくても」というアドバイスを聞いても「私には最低ラインもクリアできないと思っているのか!」と憤慨してしまうからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ