• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

GWに妄想旅行はいかが?

2013年4月9日

煌びやかで危険なラスベガス VS トラブルと太陽に愛されたビバヒル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク。年に一度の長期のお休みのプランはもう決まっていますか? ハワイにパリにバリに……♪ なんて女子は意外と一部で、人が多くて旅行代金も沸騰するゴールデンウィークには家でおとなしくしておくのが一番! なんて女子も少なくないのではないでしょうか。今回はそんなゴールデンウィークはお家派女子向けに、アメリカに行かずして行った気になれる、40分の妄想旅行に連れ出してくれるアメドラ2作を紹介します。

毎日がギラギラカーニバルな眠らないオトナの街、ラスベガス『ラスベガス』

『ラスベガス』
(C) 2007 - 2008 Universal Television Distribution. All rights reserved.

 多くの人がこの煌びやかな街に魅せられ1年もしない間に戻ってくるという、世界一のギャンブルの街、ラスベガス。立ち並ぶ高級ホテルの輝くネオン、迫力満点なショー、高級カクテルを飲みながらのカジノ。毎日がカーニバルで毎日が休日のこの街に魅せられる人は世界中に数多くいます。本作は、そんなラスベガスのカジノリゾート「モンテシート」で働くスタッフたちの、通常のホテルマンとは180度違う、アクロバティックで危険な、ゴージャスでセクシーな刺激的な毎日を描いています。

 カジノ客が不正行為をしていないか監視するチームで働く元海兵隊のダニーと監視チームの最強ボスで元CIAのエドの2人を中心に展開していく本作は、「ラスベガスに旅行している気分になる」、というより、むしろ「ラスベガスで働いている」かのような気持ちになります。カジノ客の巧みな最新不正行為術とか、その不正行為を最新デジタルに頼りながらも最後は長年の勘を活かす2人の腕とか、裏の社会で活躍する人たちや国家レベルの重役などカタギではない顧客とのハラハラする絡みとか、とにかく、全く想像のつかなかったラスベガスの裏側がたっぷり観られる作品です。ラスベガスでしか使われない専門用語も頻繁に登場します。大口顧客を「クジラ」、その「クジラ」に提供する無料食事券を「コンプ」と呼ぶなど、容赦なく浴びせられる専門用語にはじめはとまどいますが、2~3話すぎたあたりから、すっかり自身もラスベガス通に。実際に旅行に行ったら「コンプを私に頂戴!」とか「私はクジラよ!」とか言ってしまいそうですね。

 アクロバティックなメンズだけでなく、日常生活を忘れるほどの煌びやかなセクシー美女たちも多数登場します。今回のテーマは「妄想旅行」ですが、実際の旅行でも「非日常」は一つの目的ですよね。常識を逸脱した美女に接客してもらうこともまた、旅行の醍醐味である「非日常」になりうるのでしょうね。妄想旅行として観ているだけでも、あまりのケタはずれなゴージャスさと美しさに日常を忘れてしまいます。あ~これがラスベガスの女かってね。でもただかわいいだけじゃないのが、彼女たち。大口顧客「クジラ」をもてなし、ホテルに大金を落としてもらうことがミッションである「カジノホスト」として活躍する彼女たちですが、大口顧客をしとめるためには、目利き能力に交渉術、つまり人並み外れた冷静さが必要となります。美しすぎる彼女たちのあまり、変なクジラに言い寄られることもありますが、彼女たちにとってはそんな顧客の対応は朝飯前。なんともかしこく、冷静にかわし、ホテルに利益を落としていきます。ためいきのでるラスベガス仕立てのセクシーさにかしこさ、ゴージャスな世界を日常にして生きていくことのタフさを目の当たりにします。

 とにかく煌びやかな街並に煌びやかな女性たち、そしてアクロバティックな監視チームとカタギではない不正客、すべてが今いる日本の環境とは全く異なり、ワクワクドキドキの連続。観ているだけで妄想ラスベガス旅行が完成するはず。

(C) 2007 - 2008 Universal Television Distribution. All rights reserved.

『ラスベガス』
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/ index/prgm_cd/1248

DVD&放映情報
シーズン1~2までDVDレンタル中
シーズン5(ファイナル)FOXチャンネルで放送予定
※放送スケジュールは未定。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
イトウハルカ
イトウハルカ(いとう はるか)
長年のアメリカドラマ好きが高じ、PR会社やIT系企業で広報を務めるかたわらでアメドラのコラム執筆を開始。年間1500本以上のアメドラDVDを観賞し、『AllAbout』の「海外ドラマ」ガイドを務める。現在は、『海外ドラマNAVI』『オンエアナビ』、『エキサイト』でも定期的にコラムを執筆している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ