• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

所作美人はバッグの“脱・ゴソゴソ”から

2013年4月5日

スマートな所作を叶えるバッグ収納3つのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。美的収納プランナーの草間雅子です。今回のテーマは「所作美人はバッグの中身でつくる!」です。

 あなたはご存知ですか? 男性は、女性のバッグの中身を案外シビアにチェックしていることを…。物を出し入れする際には、どうしてもチラリと中身が見えてしまいますよね? 物が見つからなくてゴソゴソすればするほど、中身がもっと見えてしまう。そんな時、そこが“ぐちゃぐちゃ”だと、だらしない本性を垣間見てしまったようで、どんなに外見が美人でも確実に引いてしまうんだとか。だからと言って、堂々と開けられないバッグはもっと怪しい…。

 それとは逆に、スマートにさっと物が取り出せ、中身が整然と美しく並んでいるバッグは、その持ち主までもイイ女に見せてしまうんだそうです。

家もキレイそう…。
自己管理ができていそう…。
いい奥さんになりそう…。

といった妄想が掻き立てられるのです。

 また、世界一の美女を創るとして有名なミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクター、イネス・リグロンさんも、これまで多くの女性を見てきて導いた結論として

「部屋が汚い女性は、大抵バッグの中も汚い。さらには自分のビジョンも混沌としている」

と公言されているそうです。これにはドッキリしますよね? それほどに、バッグの中身は女性の印象を大きく左右してしまうものだとしたら、決しておろそかにはできません。

所作美人への第一歩は
「脱・ゴソゴソさん」から!

 そして、バッグ次第で変わるのが「所作」! よく見かけるのが、片膝を上げて台にし、そこでゴソゴソと物を探している“ゴソゴソさん”です。

 レジの前でゴソゴソ、電車の中でゴソゴソ…。時には道端に座り込んで地面にバッグを置き、物を大捜索するツワモノの“ゴソゴソさん”も!

 これは、見た目にスマートではないだけでなく、スイカやパスモが瞬時に見つからないことで、改札に並ぶ後ろの人に迷惑をかけたり、電車を乗り過ごして遅刻したりといった、自分にも周りの人にも様々な不都合を生じかねません。結果、いつもなんとなくバタバタしてだらしのない印象に。

 もしも、あなたご自身が身に覚えがあるとしたら!? スマートで優美な所作美人になるためにも、まずは脱・ゴソゴソさんを目指しましょう!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
草間 雅子
草間 雅子(くさま・まさこ)
京セラ広報部に在職中、仕事効率を左右するファイリング、職場のシステムに興味を持つ。 結婚後、医療機器メーカー等の社長付き秘書を務めていたとき、リバウンドしない収納システムが評判になり相談を受けていくうちに、オフィスや家庭の収納の重要性を痛感。「収納学」と「カラーイメージ理論」を学び、個人事務所Feliceを設立。リバウンドの少ない独自の分類収納法『美的収納』を確立する。個人宅やオフィス、店舗の収納コーディネートを手がける一方、セミナー、コンサルティングなど幅広く活躍中。
公式サイトブログ
関連キーワードから記事を探す
整理・収納暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ