• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

春のオフィスルック、変えるのはここ!

2013年3月30日

これさえあれば春のオフィスファッションはOK

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 春は職場の雰囲気が変わるから、オフィス服にも新秩序を用意したくなる。楽観的でポジティブなトーンが濃くなる2013年春らしく、オンの装いにも前向きな気分を持ち込めば、人間関係もスムーズになりそう。新しい出会いが増える時季だから、はつらつ、積極的なイメージも寄り添わせて。お仕事コーデに幅が出て、着回しバリエも広がるおすすめアイテムをピックアップ。

◆柄パンツ

 13年春夏のライジングスターは柄パンツ。ありきたりのパンツは目に留まりにくく、かえって手抜きっぽく映ってしまいがち。でも、プリントが施してあれば、狙ったイメージを印象づけやすく、着慣れたシャツやブラウスでもムードが変わる。目立つ柄に腰が引けるなら、織り模様入りの無地を選べば、光線の加減で柄に気づいてもらえる。色数を減らしてモノトーン系で仕上げれば、オフィスルックにもなじませやすくなる。菱形モチーフは上下方向の鋭角感がシャープなレッグラインに見せてくれる。クロップト丈ならさらに軽やかさが際立つ。柄のインパクトが気になる人はジャケットやカーディガンを合わせ、見え具合を抑えて。英国紳士風の大きな格子のグレンチェックや、日本では千鳥格子と呼ぶ犬の歯状のハウンドトゥースも落ち着いた風情を呼び込む。

◆色・柄スカート
UNITED ARROWS green label relaxing ¥9,975
Amazonで購入する

 12年春夏のシャーベットトーンから一転、「はっきり色」がカムバックを果たすこの春夏。やる気や快活キャラクターを目に飛び込ませるヴィヴィッドカラーのスカートをまといたくなる。すっきりと施されたタックプリーツが大人の節度も漂わせる。この春夏はイエローやグリーン、オレンジ、ブルーなどがオフィス街を華やがせそう。ボーダー柄もリラックス服の代表格と見なされやすいが、色や太さを選べば、オンに持ち込める。渋い赤やベージュ系のような穏やか色で整えたボーダーはむしろ控えめな彩りを添えて、上品なたたずまいを生んでくれる。まゆのようなコクーンシルエットがお嬢様ムードを引き寄せる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ