• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

独身貴族は本当に素晴らしい?

2013年3月19日

有名すぎるNYの女子4人組 VS 常識を捨てた次世代型ファミリーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 27歳をすぎたあたりからでしょうか。「結婚」「出産」というワードを頻繁に耳にするようになったのは。「まだ自由を奪われたくない」「一人でいたい」と思いながらも、頭には「結婚」の二文字がよぎる年代。果たして、独身貴族はすばらしいのか? それとも「結婚」「出産」してこそ人生の喜びなのか? 今回は独身貴族のよさも家族のよさも教えてくれる、アメドラ2作をご紹介したいと思います。

都心部で熱烈ファンを増やした『Sex And The City』

 世界中の女子が愛してやまない女子ドラマ『SEX AND THE CITY』(以下SATC)。私を狂ったようなアメドラ好きにしたのもまさに本作です。10年前、瀬戸内海に面した岡山の片田舎から東京にやってきた私。ポケットには果てしない夢とほんの少しの小銭だけ、なんて、マドンナのNY上陸物語のようなことは言いませんが、当時は新宿駅の大きさや電車のダイヤの多さに驚いたものです。都会の目まぐるしいスピードにダメージを受けることもあり、これまで2度ほど、東京に別れを告げて岡山に戻ろうと思ったことも。今となれば懐かしい思い出ですが、その時私を東京に留めてくれたのは他でもない『SATC』でした。

 NYという世界的な大都会で男性に頼らず自立した生活を送る、ゴージャスでたくましい彼女たちにとにかく憧れたのです。まだ帰れない、彼女たちみたいになりたい、と。

 話のカギを握るのは4人の都会型ワーキングガールズ。主役はご存じ、サラ・ジェシカ・パーカー演じるコラムニスト・キャリー。NYの新聞にセックスコラムを書く彼女は、恋愛至上主義で彼氏が絶えないわりに「結婚」には興味がない、都会とコスモポリタンと靴をこよなく愛するファッショニスタです。

 セックスをこよなく愛し、男性に気持ち的な部分は一切求めず、心地よいセックスだけを求めるPR会社の女社長・サマンサは、とにかく恋愛&恋愛とセックス自由主義な気持ちのいい存在。ハーバード卒の敏腕弁護士で要領のよいミランダは、女性差別されることがとにかく嫌いで、ある程度の距離をもった自立した恋愛関係を好む女性です。最後にステキな結婚を夢見て、30代半ばになった今も白馬の王子様が現れると信じてやまないアート・ギャラリーのディーラー・シャーロット。男性の前では常に“ミス・パーフェクト”な、乙女心を忘れない女性らしい女性。

 こんな4人が繰り広げる“都会型”恋愛トークが見どころの本作ですが、今でこそ都会で自立した生活を送る彼女たちも初めからそうだったわけではありません。アメリカの地方出身の彼女たち、上京してしばらくは都会での生活に慣れなかったり、社会的地位に恵まれず、お金のない日々を過ごしたりもしていました。もちろん、若い時にイタイ失恋もたくさん経験しています。だからこそ、30代になった彼女たちは余裕があって、たくましくて美しい。歳をとること、女性が独身でいることって、実はとってもステキなことなんだって思えます。

 そんな彼女たちでも、実際頭をよぎるのが「結婚」の二文字。シーズン2にまさに「Single Fabulous(独身貴族はすばらしい)」という結婚制度に言及したエピソードがあります。キャリーはNYタイムズの「独身貴族はすばらしい」という特集の取材を受けることになりますが、あろうことか前日の夜にクラブで飲みすぎて取材に遅刻。ボサボサ頭にスッピン、片手にはタバコというひどい姿で撮った試し撮り写真がなんと無断で特集の表紙に使われていた……。そんな写真を無断で雑誌の表紙にされることも許せなかったけれど、それよりもっと彼女が許せなかったのは、特集のタイトルが「独身貴族はすばらしい?」と、最後に「?」がついたものになっていたこと。「最後が『!』だから話をうけたのに、話が違う。私は独身を心から楽しんでいるのよ!」と嘆くキャリー。その話を聞く親友3人も、「そうよ、キャリーのいうとおり」「この雑誌が最低よ!」と独身貴族万歳説にのっかりますが、皆、頭の中では「独身貴族って、果たしてすばらしいのかしら?」と最後に「?」がついている状態。全員に彼氏がいない状態を久しぶりに楽しんでいた4人ですが、この「独身貴族はすばらしい?」事件が一気に4人の心に暗雲をもたらします。誰でもいいから一緒にいてくれそうな手頃な彼を急に探しだす4人。

 「どんなに自立した女性でも、結婚を全く意識しない女性なんてこの世にいないのよ」ということも、本作のメッセージの一つな気もするのです。ただ、不安のあまり矢継ぎ早にあてがった恋愛の行く末は皆同じでした。そう、もちろん破局、全員が再びシングルになります。皆は悟るのです。合わない相手と一緒にいること不幸なことはないと。そして、改めて「独身貴族はすばらしい!」と気付くのです。最後のシーンでカップルの多いレストランでウェイターに「おひとりですか?」と聞かれて、堂々と「Just Me」と答えるキャリーがとても印象的でした。結婚することを否定はしないけれど、無理して相手を探す必要もない。だってやっぱり独身貴族はすばらしいのだから! 独身貴族女子をそんな前向きな気持ちにさせてくれる1作がやはり『SATC』なのです。

『Sex And The City』
http://dvd.paramount.jp/satc/

DVD&放映情報
シーズン1~6までDVDレンタル中。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
イトウハルカ
イトウハルカ(いとう はるか)
長年のアメリカドラマ好きが高じ、PR会社やIT系企業で広報を務めるかたわらでアメドラのコラム執筆を開始。年間1500本以上のアメドラDVDを観賞し、『AllAbout』の「海外ドラマ」ガイドを務める。現在は、『海外ドラマNAVI』『オンエアナビ』、『エキサイト』でも定期的にコラムを執筆している。
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ