• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

「タニタ食堂」コラボ商品を徹底チェック!

2013年3月14日

お米からお菓子まで! どこまで広がる? 「タニタ食堂」コラボ商品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 結婚相手の望ましい勤務先の候補として、第3位に入るほど認知度がUPした「タニタ」(ランキング参考URL http://bizmash.jp/articles/38788.html)。「タニタ食堂」のレシピ本はベストセラーになり、社員食堂を忠実に再現したメニューが食べられる丸の内タニタ食堂も大人気だ。本コーナーでも「お弁当も! 「丸の内タニタ食堂」最新動向」で紹介したが、最近ではさらに、お米やお菓子、DVDまで、タニタ食堂とのコラボ商品が続々と販売されている。その最新情報をお届け!

 まずは、テレビCMでもよく目にする東洋ライスの「タニタ食堂(R)の金芽米」から。

 「タニタ食堂の金芽米」は、丸の内タニタ食堂で使用している金芽米を、もっと幅広い人々に食べてもらおうと商品化されたもの。無洗米(希望小売価格4.5kg 2350円・税込と2.7kg 1450円・税込)と、パックご飯(希望小売価格3食パック428円・税込)をラインナップ。2種類とも2012年11月に発売された。

 東洋ライス広報部の関博行さんによると、金芽米とは「胚芽の口ざわりの悪い部分だけを取り除き、栄養豊富な金色に見える胚芽の部分を残すとともに、白米では精米時に取り除かれてしまう栄養価の高い“亜糊粉層(あこふんそう)”を残しているお米のこと」だという。構想から50年以上もかかって、“サイカ式精米法”という精米法で可能になった技術なのだとか。

 金芽米に残っている亜糊粉層が水を大量に吸収してご飯の粒が大きくなる分、従来の白米より10%少ないお米で同じ量のご飯が炊き上がるため、食べる量を変えずに、摂取カロリーを10%程度減らせるのだという。ちょっと難しい話になってしまったが、例えば、炊き上がり100gあたり白米は168kcalなのに対して、金芽米は144kcalと、24kcalも減らすことができるということなのだ。

 「口当たりは白米と同じうえ、栄養価が高くて甘味と旨味の元となる健康糖質を作る酵素が多く含まれているお米」(関さん)だそうだ。筆者も試食してみたが、つやつやで真っ白なお米はもっちりしていて甘さがあり、冷めても美味しいのが印象に残った。

 この商品を発売した経緯について、関さんは「丸の内タニタ食堂と同特製弁当に使用していただいたところ、次第にお客様から、“このおいしいご飯は何?どこに売っているの?”といった問い合わせが多くなり、それで商品化に到りました」と語る。

 お米の量は減らさず、摂取カロリーを減らせるこちらの商品は、全国のスーパー、ドラックストアなどで購入することができる。ダイエット中の方、要チェック!

 次は、2012年12月に発売された、サクマ製菓「タニタ食堂(R)ごほうびキャンデーRN」(210円・税込)。健康的なダイエットを提案する“カロリー計画キャンディー”というもので、フルーツキャンディーに野菜と栄養成分をプラスし、1粒10kcalとカロリー管理がしやすい商品となっている。

タニタ食堂(R)ごほうびキャンデーRN」。2012年3月に第一弾が発売され、果実感をUPした商品がこの第二弾。オレンジ味には、にんじんパウダー(β―カロテン)が入り、いちご味には濃縮トマト(リコピン)、青りんご味にはほうれん草パウダー(鉄分)が入って3つの味が楽しめる。

 同社商品企画部の長澤幸子さんは、「“キャンデーのサクマ”はダイエットイメージが比較的薄いですが、一方で“健康計測機器メーカーのタニタ”はその対極にあるので、コラボが成功すれば、その意外性から話題になるのでは?と考えました」と話す。1年近くタニタさんとやり取りを続け、他社の機能性キャンデー(ゼロカロリーなど)とは違うタニタらしい商品を提案してほしいと宿題をもらい、開発したものなのだとか。

 同商品のタニタらしさとは? 長澤さんによると、「タニタの“健康のためにはかる”というコンセプトを元に、キャンディーも1粒10kcalにすることで摂取と消費を管理しやすくしました。それがタニタらしさとなっています。タニタ食堂では野菜を上手に取り入れているので、キャンディーにも野菜と栄養成分をプラスすることで、美味しく手軽に野菜と栄養素を摂取できるようにもしました」とのこと。

 「低カロリー甘味料では甘味が落ちてしまうため、通常は高甘度の甘味料を使うのですが、タニタさんからは控えるように提案されたので、全体の味が弱くならないように苦心しました。野菜の味は通常は野菜臭さを弱めるのですが、野菜らしさを出すために、あえて野菜の風味を強めています」と味作りにもこだわったようだ。

 実際に食べてみたところ、確かに甘いだけではなく、野菜の味わいと香りがしっかりとしていて、今までのキャンディーにはない味わいだ。個別パッケージには、“ウオーキング約1.4分”など、消費カロリーの目安が1粒ずつ書いてある。1.4分ウオーキングすれば、1粒分がナシになるのね~!

 同商品は全国のスーパー・コンビニなどで発売中。

 次のページでは、タニタ食堂の煎餅やお菓子を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメお買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ