• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マヤ暦から幸運を味方にするための方法

2013年3月12日

守護者が「風」から「ワシ」に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 春らしい陽気が心軽やかにしてくれる季節となりました。

 マヤ神聖暦では毎年2月21日前後に年の守護者(イヤーベアラー)が交代するとして、マヤ・グアテマラでは新年の火の儀式が行われていました。長期暦という五千余年の長い時代が終わった今、イヤーベアラーが「風」から「ワシ」に交代するといわれています。

 ワシは「この世界での幸せの印を帯びた賢者」「幸運を味方につけたシャーマンの鳥」と呼ばれています。純粋な心をもち、望むものを手にするために飛翔する若返りと春の神の象徴です。自らの運命と魂の光を信じて目標に向かって情熱を傾けていくならば、シャーマンの鳥は智恵とエネルギーを与えてくれるため成功運や金運を手にする事ができると伝えられています。

 例えばアメリカのケネディ元大統領や野球選手のイチローさん、先日お亡くなりになった中村勘三郎さんや美輪明宏さん、レディーガガさんもワシというサインを持っています。望むものを手にするため諦めずに努力した方々ばかりですね!(ご自身のサインをチェックしたい場合はこちらから)

 生命樹のどこかにワシのサインをもつ人はもちろん、今年はラッキーな年になるはずです!でもそれだけではありません。年の守護者は他のサインや社会にも大きく影響を与えると言われているからです。

 では「ワシ」がイヤーベアラーになると私たちにとってどのような変化が期待できるのでしょうか?

 それは「新しい自分」です。新たな時代の春を告げる「春分」を目前にして、元素を再生・復活させるワシの守護者が時運を担ぎにやってきています。私たちの心も細胞も意識も元素の力が復活し、再生して新しいものになるということになります!新しい自分に出会い、ワシの守護者のパワーと幸運を味方にするための方法をいくつかご紹介しましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
弓玉
弓玉(みろく)
日本におけるマヤ占い研究の第一人者。マヤの占術や霊視、波動リーディングのほか、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えを導く。有名人、実業家、経営者、作家やデザイナーなど、各界からの人気が高く、信頼も篤い。⇒詳しいプロフィール
関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ