• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

課長塾 部下を育てる「思考力」

考える部下が「育つ環境」を整える

2013年3月13日

「What型」と「Why型」それぞれの思考法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

部下の育成はミドルマネジャーにとって重要な仕事の1つです。

市場の変化がめまぐるしい今は特に、自ら考え、自ら実行に移す部下の育成が急務となりつつあります。

そこで本稿では、部下を持つミドルマネジャーを対象に、部下の育成に効果を発揮する思考法を紹介します。

 自ら考え行動する部下は「育つ環境」を整えることから生まれます。ここからは「Why型思考力」という考え方をベースに、「What型」と「Why型」それぞれの思考法がどう違うかを考察します。そこから、部下が育つ環境を整えるのに有効な「Why型指導法」を提案したいと思います。

「自分の頭で考えろ」では理解されない

 「少しは自分の頭で考えろ!」

 「言われたことだけじゃなくて、考えて仕事しろ!」

 恐らくマネジャーの皆さんなら、こんな言葉を一度や二度は(いやもっともっと)部下に投げかけた経験を持っているのではないでしょうか。このセリフはいったい、日本中の部下と上司の間で毎日何千回繰り返されていることでしょうか。

 もしマネジャーの皆さんが部下には自分で考える習慣を身に付けてほしいと本当に願っているのであれば、この言葉は部下の成長には何の効果もないということを知るべきです。なぜなら、「頭を使う」とか「考える」という行為は、「走る」や「投げる」という行為とは違って、目に見えるものではないからです。

 走るや投げるといった目に見える行為であれば、「これが投げるということだよ」と自らの体を使って示すことができます。ですが、考えるという行為は、目に見える行動ではありません。しかも現在その部下が自分で考えることができていないことを考慮すると、いくら口頭で「自分の頭で考えろ」と注意したとしても、自分の頭で考えるという概念そのものが部下に理解されない可能性があります。

 では、どうすれば自分の頭で考えるという概念を、うまく部下に伝えることができるでしょうか。そのためにまず、「思考停止」の状態と「頭を使っている」状態との違いを明確にしたうえで、具体的に示していく必要があります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ